自転車協会スペシャルサイトクロスバイクのサドル高さって、どうやって決めたらいいの?

  • 一覧
クロスバイクのサドル高さの合わせ方のコツ、教えます! Photo: Masahiro OSAWA

 スポーツ用自転車の入門にぴったりなクロスバイク。でも、サドルを買ってきたそのままで乗っていませんか? サドルの高さが合ってないと、こぐのが大変だったり、ケガにつながったりする恐れもあるんです。自転車協会スペシャルサイト「ENJOY SPORTS BICYCLE」では、サドルの高さの適切な合わせ方について紹介しています。

 クロスバイク入門に役立つ知識が詰まったシリーズ「初めてのクロスバイク」では、これまでもクロスバイクの特徴や、サイズ選びのコツ持ち物服装のポイントなど、さまざまなコツを紹介してきました。

 そしてサドルの高さですが、低すぎず高すぎないことが重要です。そうは言われても、どんな状態が低すぎたり高すぎたりするのか、最初は分からないでしょう。記事では「ちょうどいい」サドルの高さを知るためのコツがつかめるようになっています。これまでシティサイクルを使ってきた人には、適切なサドル高だと最初は高く感じて少し怖いかもしれませんが、楽に走れるのでぜひチャレンジしてみてください。

足が地面にしっかり着くサドル高さは、実は「低すぎる」 Photo: Masahiro OSAWA
知ればもっと楽に乗れる!ハンドルの握り方にもコツがあります Photo: Masahiro OSAWA

 サドルの高さが決まったら、乗車姿勢やハンドルの持ち方・握り方の回も読んでみてください。シティサイクルに近い感覚で乗れるクロスバイクですが、やはりスポーツバイクは「別物」。正しい乗り方をマスターすれば、より楽に遠くまで走ることができますし、ロードバイクにチャレンジする際にも役に立つでしょう。

インタビューコーナーは選手やチーム監督といった競技関係者や、自転車好きのタレント、声優、漫画家など、幅広い著名人から自転車にまつわるエピソードを聞いています Photo: Masahiro OSAWA

 サイトでは楽しく快適なスポーツ自転車ライフを送るための、さまざまなコンテンツを毎週更新中です。自転車関連の著名人に話を聞くインタビューコーナーや、全国各地のサイクリングコース案内自転車通勤入門ヒルクライム入門自転車のルールをクイズ形式で学ぶシリーズ、マウンテンバイクを思う存分楽しめる各地のフィールド紹介など、入門者から中上級者まで幅広く役立つ記事を揃えています。

この記事のタグ

自転車協会

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載