バイクインプレッション2021機能美が光るイタリアンエアロロード チネリ「プレッシャー」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 チネリのエアロロード「プレッシャー」を実走レビューをお届けする。ケーブル内装式にこだわったスタイルはデザイン性とエアロ性能を両立。イタリアンブランドらしさ溢れる新型の実力を試した。

チネリ「プレッシャー」 Photo: Masami SATOU

 水平基調のトップチューブに小さめのリア三角、各チューブは空気の乱れを抑える構造…トレンドを詰め込んだデザインではあるが、プレッシャーはありふれたエアロロードとは一線を画す存在感を放っていた。

ハンドルバーはヴィジョン製「メトロン5D」が採用 Photo: Masami SATOU

 まず、このバイクは電動コンポーネント専用で設計されているのが特徴だ。ケーブル類をフル内装にすることより獲得したエアロ効果とデザイン性のメリットを最大限に生かすため、機械式コンポーネントとの組み合わせは見送られた。ハンドルバーはエアロ効果が高いヴィジョン製「メトロン5D」を採用し、「PRESSURE」の文字が全体の統一感を演出する。

大胆な色の切り替えがエッジを際立たせる Photo: Masami SATOU
ハンドルを切ると遊び心溢れるマークが出現 Photo: Masami SATOU

 空気の乱れを抑えるため、タイヤへぎりぎりまで沿わせたフレーム設計だが、最大30Cまでのタイヤを装着することが可能となっており、コンフォート性能を置き去りにはしていない。カラーはチネリらしさに溢れており、あえて内側にポップな色を施すあたり、さすがはイタリアンブランドと納得のデザインである。

森光流インプレッション

 第一印象としてはフロントフォークが遠くにあるように感じたが、走りこむほどに感覚を掴めるようになり、コーナーでも思い描くラインを走ることができた。素材がT800を使っていることもあり、全体的に剛性感がしっかりしている。クリテリウムなどのインターバルがかかるレースでアドバンテージを得られるだろう。

快適かつ速く走れる、レースからサイクリングまで活躍する万能な1台 Photo: Masami SATOU

 快適かつ速く走ることができるので、個人的にはロングライドにも用いてみたいと思った。カフェライドなどにも最適だろう。レースにもサイクリングにも使ってみたい、オールマイティな1台であった。

松尾修作インプレッション

 全体の剛性、スタビリティのバランスが非常に整っているのが特徴的であった。ガチガチに硬くもなく、柔らかいとも感じない。扱いやすい踏み応えが心地良いというのが第一印象である。初速にもたつきは若干感じたが、速度が上がるごとに伸びやかな加速が可能だった。スピードが乗ってしまえばエアロ効果に優れたフレームが巡航を手助けしてくれる。

扱いやすい剛性感と優れたエアロ効果が特徴 Photo: Masami SATOU

 レーシングバイクとしての需要も十分に満たしてはいるが、用途としてはあえてソロサイクリングをおすすめしたい。バイクに見合うハイクオリティなウェアやヘルメットなどのアクセサリーを身につけ、世界観に浸りながら自分だけの大人なライドを楽しみたい。そんな妄想を掻き立てられる玄人受けするイタリアンバイクである。

■チネリ「プレッシャー」

税込価格:418,000円(フレームセット)
サイズ:XS(46)、S(49)、M(52)、L(55)、XL(58)
重量:990g(Mサイズフレーム)、390g(フォーク、コラム未カット)
※電動コンポ専用フレーム

森光流

日本写真判定の新入社員として、YouTubeチャンネル「サイクリストTV」の企画「サイクルボーイズ」に出演中。社会人チームの「イナーメ信濃山形」に所属し、JBCFのカテゴリーはE1。ロードからトラック、マウンテンバイクレースに至るまで幅広い種目に挑戦中。

松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

この記事のタグ

チネリ バイクインプレッション

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載