全18戦を予定、昨年の倍以上にJユースツアーに弱虫ペダルが協賛 若手選手の育成に更なる貢献へ

  • 一覧

 JBCF(全日本実業団自転車競技連盟)は、主催する「J Youth Tour」(Jユースツアー)に人気自転車競技漫画の『弱虫ペダル』が協賛となることを発表した。Jユースツアーは今季、昨年から倍以上の18戦の開催を予定している。

U17選手が出場する「Jユースツアー」に「弱虫ペダル」の協賛が決定(JBCF 一般社団法人全日本実業団自転車競技連盟)

 JユースツアーはU17(17歳未満)の選手を対象にしたツアーで、若手選手の育成を主としたシリーズ戦だ。今季はシリーズ名を「弱虫ペダル presents J Youth Tour」として展開する。

 弱虫ペダルの作者である渡辺航先生は、国内最高峰のシリーズ戦であるJプロツアーや、シクロクロスで活躍する「弱虫ペダルサイクリングチーム」のサポートも行っている。これまで、岡篤志や織田聖といった選手を発掘・育成した実績もある。今回は作中同様に、高校生中心のツアーへの協賛実施に伴い、未来のアスリートへの応援、並びに自転車競技の魅力を向上させたい意向だ。JBCFは若手選手の登録・出場をさらに募っていくという。

渡辺航先生のコメント

 このたび、若い10代の自転車選手が走る日本の「ユースレース」の協賛をすることになりました!このレースを通してたくさんの経験と力と絆と自分の可能性、たくさんの感情を手に入れて欲しいと思います!「弱虫ペダル」はこれからも若いパワーを応援していきます!!

 JBCFは2月5日、今季のレースカレンダーを更新した。公道を用いた新規のレースとして古殿ロードレース(福島)、かすみがうらタイムトライアル/ロードレース(茨城)、東京クリテリウム(東京)などが加えられている。Jプロツアーは全19戦、Jフェミニン、Jエリート、Jユースツアーは全34戦が開催される予定だ。

JBCFが2021年に実施するレーススケジュール ©︎JBCF

この記事のタグ

弱虫ペダル

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載