Cyclist・週刊「エディターズ・チョイス」編集部イチオシ記事「国交省が『ナショナルサイクルルート』の候補を選定」など 1月30日~2月5日掲載

  • 一覧

 『Cyclist』に掲載された今週のイチオシ記事を編集部員がコメントとともに紹介する週刊「エディターズ・チョイス」。1月30日~2月5日からは「国交省が『ナショナルサイクルルート』の候補を選定 『太平洋岸自転車道』など3つのコース」など4本を紹介します。

編集長 澤野健太のイチオシ

国交省が「ナショナルサイクルルート」の候補を選定 「太平洋岸自転車道」など3つのコース

「ナショナルサイクルルート」の候補に選ばれた「トカプチ400」(北海道)、「太平洋岸自転車道」(千葉県、神奈川県、静岡県、愛媛県、三重県、和歌山県)、「富山湾岸サイクリングコース」(富山県) 提供:国土交通省

 国土交通省が1月29日、「ナショナルサイクルルート」の候補として新たに「トカプチ400」(北海道)、「太平洋岸自転車道」(千葉県、神奈川県、静岡県、愛知県、三重県、和歌山県)、「富山湾岸サイクリングコース」(富山県)を選定した。今後、第三者委員会によって審査され、指定要件を満たせば、日本を代表する自転車道として国内外にPRされる。

 ナショナルサイクルルートは、自転車活用推進法に基づくサイクルツーリズムの推進策の一環として定められ、一定の基準を満たすサイクリングコースを国が推奨ルートとして指定するもの。①ルート設定②走行環境③受入環境④情報発信⑤取組体制の5項目を満たし、第三者委員会(ナショナルサイクルルート審査委員会)による審査を経て、ナショナルサイクルルートに指定される。

 ナショナルサイクルルート第2弾は、いきなり変化球というのが第一印象でした。第1弾(ビワイチ、しまなみ海道、筑波・霞ヶ浦りんりんロード)に比べ、“知る人ぞ知る”というルートで、ある程度経験のある人が楽しめそうなルートと感じました。個人的には、多くのビギナー、またはまだスポーツ自転車に乗ろうかどうしようか、と思っている人が行きたくなるような分かりやすいルートだと良いと思います。

編集部 後藤恭子のイチオシ

坂バカがMTBレースに挑戦! 全日本オープンレースで魅せた“珍プレー好プレー”

MTBといえば竹谷賢二さん!細かいテクニックをたくさん教えていただいた

 私は悪路に定評がある。整地されたアスファルトのヒルクライムレースよりシクロクロスやBMXの方が評価されることの方が多い。それは8歳から始めたスキーのおかげだと推察する。スキーでの重心移動やコブ斜面での吸収動作が自転車でも生かされるのだ。チャリダーのロケで出場したマウンテンバイク(MTB)の全日本選手権でそれを実感した。

 MTBの全日本選手権では、私のような素人が出れるオープンレースも同時に開催されている。と簡単にいうが、日本一を決めるコースを走るのだ。これはかなり難易度が高い。しっかりと試走しなければならない。ということでレース会場に前日入りした。

 番組の中ではコミカルな役どころ?の猪野学さんですが、この記事にも書かれているように、幼い頃からスキーをやって、しかもコブ攻めしていただけにその身体能力は抜群です。
 BMXに乗っている姿を間近で拝見したことがありますが、初めてとは思えない習得の速さで、ロケ中にみるみるスピードが上がっていったことを思い出します。
 あの身体能力を生かして、そのままオフロード道を突き進んだら、とも思いますが、楽しさというより、自分にとって困難なことに向かうのが‟坂バカスピリッツ”なのかもしれません。試走を終えて、次回はいよいよレース本番。チャリダーですでにご覧になった方も多いかと思いますが、あのレース展開を“猪野節”でどう描写するのか、乞うご期待!

編集部 大澤昌弘のイチオシ

国交省が「ナショナルサイクルルート」の候補を選定 「太平洋岸自転車道」など3つのコース

「ナショナルサイクルルート」の候補に選ばれた「トカプチ400」(北海道)、「太平洋岸自転車道」(千葉県、神奈川県、静岡県、愛媛県、三重県、和歌山県)、「富山湾岸サイクリングコース」(富山県) 提供:国土交通省

 国土交通省が1月29日、「ナショナルサイクルルート」の候補として新たに「トカプチ400」(北海道)、「太平洋岸自転車道」(千葉県、神奈川県、静岡県、愛知県、三重県、和歌山県)、「富山湾岸サイクリングコース」(富山県)を選定した。今後、第三者委員会によって審査され、指定要件を満たせば、日本を代表する自転車道として国内外にPRされる。

 ナショナルサイクルルートは、自転車活用推進法に基づくサイクルツーリズムの推進策の一環として定められ、一定の基準を満たすサイクリングコースを国が推奨ルートとして指定するもの。①ルート設定②走行環境③受入環境④情報発信⑤取組体制の5項目を満たし、第三者委員会(ナショナルサイクルルート審査委員会)による審査を経て、ナショナルサイクルルートに指定される。

 遂にきたー、というのが本音。ナショナルサイクルルートの第一弾は、正統派なところで意外性が薄かった印象が強かったですが、今回は北海道、富山県、太平洋岸と、あまりなじみのない(地元の人は違った捉え方かもしれませんが)エリアが多かったので、期待が大きいです。
 特に太平洋岸は広域ルートであり、サイクリストの間でも「端から端まで走ってみた」的なライドが流行りそうな気がします。どんな新しい楽しみが生まれるのか、今からワクワクしてしまいます。


編集部 松尾修作のイチオシ

ワフーが「キッカーダイレクトコネクト」を発表 有線接続で安定したライド環境を提供

ワフー「キッカー」とネトワークを有線接続する「キッカーダイレクトコネクト」 ©︎WAHOO

 スポーツ向けスマートデバイスを手がける「Wahoo」(ワフー)が、同社のスマートトレーナー「キッカー」向けのアクセサリー機器「キッカーダイレクトコネクト」を発表した。PCやルーターと有線接続を可能にし、ユーザーに安定したサイクリングアプリの環境を提供する。

 キッカーダイレクトコネクトはイーサネットケーブル(LANケーブル)をPCまたはネットワークルーターに直接有線で接続できる機器。より安定した接続環境を整えられるので、イベント参加中に中断したり、ハードなトレーニング中に接続が途切れたりしてしまうという、ネットワークに起因するトラブルの可能性を低減させることが期待できる。

 ちょっと見た目は地味ですが、劇的にインドアトレーニング環境を向上させるアクセサリーがワフーから登場です。「キッカーダイレクトコネクト」は、ワフーのスマートトレーナーを有線LANで接続するもの。これにより、安定した通信環境でアプリを楽しむことができるんですね。
 discordやテレビ電話を仲間と繋げつつ、グループでインドアトレーニングを行うこともあるのですが、無線の通信量が多くなるとアプリの動作が不安定になったり、落ちてしまったりと困ることもままありました。
 一方、有線接続にして終えば解消できそうですね。ズイフトにも今後対応するとのことなので、ワフーユーザーにとってはマストアイテムではないでしょうか。

編集部 石川海璃のイチオシ

サイクルボーイズが動画を更新 100均の道具で洗車はできる?

 自転車系総合YouTubeチャンネル「サイクリストTV」の連載コーナー「サイクルボーイズ」が更新されました。今回は森くん、みやぴー、こじけんの3人が100円ショップで購入できる道具で洗車に挑みます!

 便利な自転車用の洗車道具は数多くありますが、どれも結構な値段しますよね。そこで、サイクルボーイズの3人は100円ショップで手に入れた用品を駆使し、森くんの汚れたバイクを洗浄していきます。

 「100円均一のアイテムで洗車できるか」というチャレンジングな企画。動画を見てみると、専用品を使わずとも身近なもので意外に洗車できるものだな…と思わされます。オイルや洗浄剤など、消耗品も一式揃えるとそれなりにと出費がかさみますので、動画のような運用コストを下げる取り組みは、読者の方も参考になるのではないでしょうか。

この記事のタグ

週刊「エディターズ・チョイス」

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載