今季は“新(SHIN)”がテーママトリックスパワータグがチーム体制を発表 小林海が正式に加入

  • 一覧

 Jプロツアーチームのマトリックスパワータグが2021年シーズンのチーム体制を発表した。今季は海外籍チームから小林海(まりの)が正式に加入。安原昌弘監督指揮のもと、選手13人は“新(SHIN)”をテーマに戦う。

マトリックスパワータグが2021年体制を発表 ©MATRIX POWERTAG

 チームは昨年、国内最高峰のロードレースツアー「Jプロツアー」のチームランキングで2連覇を果たし、年間個人総合でもレオネル・キンテロ(ベネズエラ)が優勝、ホセビセンテ・トリビオ(スペイン)が2位に入り、強さを見せつけたシーズンを送った。

 今季で設立15年目を迎えるチームに大きなメンバー変更はなく、小林が正式なメンバーとして加入するに留まった。小林はスペインのアマチュアチームで結果を残し、NIPPO・ヴィーニファンティーニやルーマニア籍のコンチネンタルチームであるジョッティヴィクトリア・パロマーなどで活躍。昨年はシーズン途中にマトリックスパワータグに合流し、Jプロツアーを走りつつ、海外選手と日本人選手間のコミュニケーションをサポートする役目も果たしていた。

 「国際色豊かな顔ぶれになっても監督が注ぐ浪花の精神は不動、極みの道に終わりはなく同じメンバーでも核も刺客も変化しながら進化し、繰り返す日々の中で探求しチャレンジを重ねて新化を遂げる…同じだけど同じゃない、今季は“新(SHIN)”をテーマに新鮮、斬新に戦います」とコンセプトを掲げている。

マトリックスパワータグ チーム体制

選手
フランシスコ・マンセボ(スペイン)
ホセビセンテ・トリビオ(スペイン)
アイラン・フェルナンデス(スペイン)
レオネル・キンテロ(ベネズエラ)
小森亮平
吉田隼人
安原大貴
小林海
狩野智也
橋本凌甫
真鍋和幸
永良大誠
瀧山里玖

監督
安原昌弘

この記事のタグ

Jプロツアー マトリックスパワータグ

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載