パリ〜ニース2013 第4ステージ爆発的スプリントで輝く笑顔 アルバジーニがステージV、総合首位はタランスキーがキープ

  • 一覧

 フランスで開催中のパリ〜ニースは7日、第4ステージがブリウド〜サンヴァリエ間の199.5kmで行われ、ミヒャエル・アルバジーニ(スイス、オリカ・グリーンエッジ)が40人弱のメーン集団でのゴールスプリントを制して優勝した。個人総合首位のマイヨジョーヌは、アンドルー・タランスキー(アメリカ、ガーミン・シャープ)がその座を守っている。日本の別府史之(オリカ・グリーンエッジ)は8分26秒遅れの94位でゴールした。

スプリントを制し、輝く笑顔を見せるミヒャエル・アルバジーニ(スイス、オリカ・グリーンエッジ)スプリントを制し、輝く笑顔を見せるミヒャエル・アルバジーニ(スイス、オリカ・グリーンエッジ)

 中央山塊を東に向けて進むステージ。途中7ケ所の山岳ポイントが設定される。レース序盤に飛び出したトマ・ヴォクレール(フランス、チーム ヨーロッパカー)ら7人の逃げグループが、レースの大半を先行する展開となった。この中で積極的なのはヨアン・チョップ(スイス、イアム サイクリング)で、山岳ポイントの多くを先頭通過した。

 メーン集団は徐々に前との差を詰め、2級山岳をあと2つ残した、ゴールまで約35km地点で、逃げとの差は1分余りにまで縮まった。先頭ではヴォクレールが上りでアタック。先頭集団の人数を絞って逃げ切りを図るが、最後の2級山岳への上り口でついにメーン集団が逃げグループを全員吸収した。

トレインを形成してゴールを目指すランプレ・メリダの選手たちトレインを形成してゴールを目指すランプレ・メリダの選手たち

 すでにメーン集団も、スプリンターは軒並み遅れて、40人弱に絞られている。上りではいくつかの攻撃が掛かるが、集団を破壊するまでには至らず、難易度的にも2級山岳とあって、ほぼ集団のまま山頂を越えてゴールへの下りに入った。

 下りでも現在総合4位のシルヴァン・シャヴァネル(フランス、オメガファルマ・クイックステップ)らが積極的な動きを見せるが、集団から完全に抜け出すことはかなわない。メーン集団は人数とハイペースを保ったまま、勝負はゴールスプリントに持ち込まれた。

 ここで勢い良く飛び出したのは、アルバジーニ。この日ここまでの道中、あまり動きを見せていなかったが、溜めた力をゴール前で爆発させた。

ゴール前で爆発的な速さを見せたアルバジーニゴール前で爆発的な速さを見せたアルバジーニ
表彰式で歓声に応えるアルバジーニ表彰式で歓声に応えるアルバジーニ

 マイヨジョーヌを着るタランスキーは、難なくメーン集団でゴール。日替わりだったマイヨジョーヌを、今年初めて“守った”選手になった。山岳賞はこの日積極的な走りを見せたチョップに移っている。

総合リーダージャージ「マイヨジョーヌ」を守ったアンドルー・タランスキーマイヨジョーヌを守ったアンドルー・タランスキー
ポイント賞リーダーのエリア・ヴィヴィアーニポイント賞リーダーのエリア・ヴィヴィアーニ
山岳賞リーダーのヨアン・チョップ山岳賞リーダーのヨアン・チョップ

第4ステージ結果
1 ミヒャエル・アルバジーニ(スイス、オリカ・グリーンエッジ) 4時間55分41秒
2 マキシム・イグリンスキー(カザフスタン、アスタナ プロチーム) +0秒
3 ペーター・ ヴェリトス(スロバキア、オメガファルマ・クイックステップ) +0秒
4 エンリーコ・ガスパロット(イタリア、アスタナ プロチーム) +0秒
5 ディエーゴ・ウリッシ(イタリア、ランプレ・メリダ) +0秒
6 アンドルー・タランスキー(アメリカ、ガーミン・シャープ) +0秒
7 ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼル ラモンディアル ) +0秒
8 イエンス・クークレール(ベルギー、オリカ・グリーンエッジ) +0秒
9 アンドレアス・クレーデン(ドイツ、レイディオシャック・トレック) +0秒
10 ザビエル・フロレンシオ(スペイン、カチューシャ チーム) +0秒
94 別府史之(日本、オリカ・グリーンエッジ) +8分26秒

個人総合時間賞
1 アンドルー・タランスキー(アメリカ、ガーミン・シャープ) 19時間35分17秒
2 アンドリー・グリフコ(ウクライナ、アスタナ プロチーム) +3秒
3 ペーター・ ヴェリトス(スロバキア、オメガファルマ・クイックステップ) +4秒
4 シルヴァン・シャヴァネル(フランス、オメガファルマ・クイックステップ) +4秒
5 ゴルカ・イサギレ(スペイン、エウスカルテル・エウスカディ) +5秒
6 リーウ・ウェストラ(オランダ、ヴァカンソレイユ・DCM) +6秒
7 リッチー・ポート(オーストラリア、スカイ プロサイクリング) +7秒
8 マキシム・イグリンスキー(カザフスタン、アスタナ プロチーム) +13秒
9 ジャンクリストフ・ペロー(フランス、アージェードゥーゼル ラモンディアル ) +13秒
10 バルト・デクレルク(ベルギー、ロット・ベリソル) +15秒
83 別府史之(日本、オリカ・グリーンエッジ) +11分37秒

ポイント賞
1 エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、キャノンデール) 55 pts
2 ボルト・ボジッチ(スロベニア、アスタナ プロチーム) 43 pts
3 アンドルー・タランスキー(アメリカ、ガーミン・シャープ) 41 pts

山岳賞
1 ヨアン・チョップ(スイス、イアム サイクリング) 29 pts
2 トマ・ヴォクレール(フランス、チーム ヨーロッパカー) 17 pts
3 ジャンニ・メールスマン(ベルギー、オメガファルマ・クイックステップ) 11 pts

新人賞
1 アンドルー・タランスキー(アメリカ、ガーミン・シャープ) 19時間35分17秒
2 ティージェイ・ヴァンガードレン(アメリカ、BMCレーシングチーム) +16秒
3 ディエーゴ・ウリッシ(イタリア、ランプレ・メリダ) +18秒

チーム総合
アスタナ プロチーム

 
(文・米山一輝 写真・砂田弓弦)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

パリ〜ニース2013

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載