バイクインプレッション2021リドレーのエアロエンデュランスレーサー「フェニックス」を実走レビュー

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 リドレーの「フェニックス」の実走レビューをお届けする。石畳でも速く快適に走れることを目的とした前作にトレンドのエアロ性能をプラス。生まれ変わったエアロエンデュランスレーサーの実力を試した。

リドレーのエアロエンデュランスレーサー「フェニックス」 Photo: Masami SATOU
ステム一体式のハンドルバーがフレームセットに付属 Photo: Masami SATOU

 新しくなったフェニックスには前作同様、リドレーの代名詞でもあるダイヤモンドシェイプをトップチューブとダウンチューブに採用し、剛性と強度を高めた。薄く細いシートステーは路面からの振動をいなし、また、湾曲したトップチューブが快適性を高めている。フレームの重量はSサイズで1006g、細身でストレート形状のフロントフォークは379g。ディスクブレーキ専用設計だ。

 エアロ化に大きく寄与するコックピット周りは、ステム一体式のカーボンハンドルがフレームセットに付属している。ワイヤーを全て内装し、上ハンドル部を扁平にすることで前面投影面積を抑え、空気抵抗を軽減。一方で上ハンドル部の外径は太すぎないため、手が大きくなくてもしっかりと握り込むことが可能だ。

細身のシートステーで振動をいなす Photo: Masami SATOU
剛性を高めるダイヤモンドシェイプ形状を各チューブに採用 Photo: Masami SATOU

森光流インプレッション

 長距離ライドだけでなく、レースでも活躍するポテンシャルを感じた1台だ。ダイヤモンドシェイプが剛性を生み、柔らかいという感触は一切ない。一方で振動吸収性が高く、手が痺れたり不快に感じることはなかった。少々路面に凹凸があってもコーナーで攻めていける実力を持っている。

剛性と振動吸収性を両立させており、レースでも活躍できるポテンシャルを秘めている Photo: Masami SATOU

 一体式ハンドルの剛性が高いのが特徴で、もがいてもたわむことがなかった。自分のバイクにも取り付けたいと思ったほど良い。ロングライドに限定するのはもったいない、ロードレースでも活用したいオールラウンダーだった。

松尾修作インプレッション

 エンデュランスモデルということで、ステビリティと振動吸収が優秀だ。それだけにとどまらず、速さへと繋げている乗り味がフェニックスの特徴である。ペダリング中は低速から高速域までブレることなく、踏み込んだパワーを路面へと伝達。剛性面はハイエンドモデルと比べれば低く、脚当たりはややソフトだが、力を余すことなく推進力へ変換することで結果的に速く快適移動できる。

速い速度域でも車体が常に安定しており、パワーをかけ続けていられ、結果的に速く移動できる Photo: Masami SATOU

 日本では石畳のレースはないが、公道を走る上では路面の凹凸や段差がしばしば登場するため、元々持つポテンシャルが活きるはず。ツール・ド・おきなわのような長距離レースでは乗り手の体力を温存しつつ、ここぞという場面でも応えてくれるだろう。

■リドレー「フェニックス」

税抜価格:280,000円(フレームセット)
重量:1006g(Sサイズフレーム)、379g(フォーク)

森光流

日本写真判定の新入社員として、YouTubeチャンネル「サイクリストTV」の企画「サイクルボーイズ」に出演中。社会人チームの「イナーメ信濃山形」に所属し、JBCFのカテゴリーはE1。ロードからトラック、マウンテンバイクレースに至るまで幅広い種目に挑戦中。

松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

この記事のタグ

バイクインプレッション リドレー

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載