元オランダチャンピオン ツールでもステージ2勝ボーヘルトが現役時代のドーピングを告白

  • 一覧
現役時代はその白い歯がトレードマークだった。オランダチャンピオンジャージを着て出場した2006年のツール・ド・フランス(砂田弓弦撮影)現役時代はその白い歯がトレードマークだった。オランダチャンピオンジャージを着て出場した2006年のツール・ド・フランス(砂田弓弦撮影)

 自転車ロードレースのツール・ド・フランスで2度ステージ優勝したミカエル・ボーヘルト氏(オランダ)が6日、オランダ放送協会のインタビューで、過去に競技力を向上させる薬物を使用していたと告白した。1997年から引退する2007年までドーピングしていたと認めた。(AP)

MSN産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ドーピング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載