title banner

使ってよかった自転車アイテム「Insta360 ONE X2」使用レビュー 360度撮影もいけるアクションカムをロードバイクで試す

by 大関賢土 / Kento OZEKI
  • 一覧

 皆さんはサイクリングをするときにアクションカムを使用していますか? 買ってみたはいいものの意外と使わなくなってしまったという人も多いのではないでしょうか。

 そうなってしまう理由は固定されたカメラは同じ画角になりがちで、出来上がった映像が単調になってしまうことが原因ではないかと個人的に思っています。というのも、私がアクションカムを使用していてそう思うからです。そんな画角の単調さを解決するのが、今回紹介する「Insta360 ONE X2」です。

 以前にも「Insta360 ONE R」という製品を紹介しましたが、今回のInsta360 ONE X2はさらに進化した製品となっています(正確に申し上げるとONE RとONE X2は製品ラインが違うので、単純には比べることはできませんが)。

アクションカムにしては珍しく縦長なのが印象的 Photo: Kento OZEKI

Insta360 ONE X2は360度カメラにもなるアクションカム

 今回新たに発売されたInsta360 ONE X2の最大の特徴は、一台で360度カメラにもアクションカムにもなる点です。

 今までこの手の製品は360度カメラとしてのみ使用して、後でアプリなどを介して一部分を抜き出すような使用方法が主でしたが、ONE X2では片側のレンズのみを使用して録画するステディカムモードが搭載されました(ONE Rの場合はレンズモジュールを交換して対応)。

 これによって360度動画だけではなく、アクションカムのような通常の画角(数種類の画角に対応)での撮影が可能になりました。そのため、この一台を持ち出すだけで様々な画角に対応できるようになったわけです。

 もちろん360度動画から一部の画角を抜き出す方法でもいいのですが、この場合は元の動画データが大きくなりすぎるという点と抜き出すための作業が必要になるというデメリットがありますので、そういった点を解決できるのは大きなメリットです。

 ライバル製品となるGoPro MAXでも同様の機能(HEROモード)があり、機能は変わらないのですが、物理的なサイズと形状による使いやすさはONE X2が上手と言えるでしょう。

10m防水でありながら手のひらサイズで小型軽量。中央の丸い部分がカラータッチディスプレイになっている Photo: Kento OZEKI

Insta360 ONE Rから進化したポイント

 Insta360 ONE Rから順当に進化している面としては、バッテリーの大型化による長時間録画が挙げられます。読者のなかにはロングライドなどで一日中走り回るような方も多いと思いますが、そういったユーザーにはうれしいポイントです。

 実際に半日ライドのレビューをしてみましたが、バッテリーは30%程度しか減っていませんでした(使い方は30秒~2分程度のクリップをこまめに撮影してトータル25分程度録画し、いくつかの動画をスマホへWi-Fi転送した状態)。

 また360度動画モードでは、レンズのつなぎ目部分の画像処理がきれいになり、手振れ補正もより進化しています。ONE R等でもそれほどおかしな処理になることはありませんでしたが、より自然な映像になったという感じです。

 自分の走行シーンと風景をより自然に楽しめるだけでなく、グループライド等で使用するときには全員が綺麗に映るようになるので、うれしい進化ポイントといえるでしょう。

ボディ半分ほどの大型バッテリーを搭載 Photo: Kento OZEKI

使ってわかった脱着のしやすさと録画のしやすさ

 個人的な好みなのですが、マウントがカメラねじになっているのも好感が持てます。GoProマウントのように設置するときに別途ねじを必要とせず、本体を回すだけで脱着が可能なので信号待ち、コンビニやお店等に寄ったときにも簡単に脱着ができ、これが思っている以上に使いやすさにつながっています。

マウントを介して前寄りに装着してみた。ねじ穴なのでカメラを簡単に脱着できる Photo: Kento OZEKI

 また形状がスティックタイプなので手持ち撮影がしやすく、ジャージのポケットへの出し入れもとてもスムーズです(レンズ保護のためカバーが付属しているのもうれしいポイントです)。

 それから、ワンタッチ録画機能が追加されている点もうれしいポイントです。ONE Rなどの機種では一度電源を入れてから録画ボタンを押す必要がありましたが、ONE X2では録画ボタンを押すだけで録画が開始され、もう一度押すことで録画が終了し電源がOFFになります。

 誤操作を減らせるだけでなく、電源の切り忘れによるバッテリーの浪費を防ぐこともできます。ちなみに録画ボタンを押してから360度動画の録画が開始されるまでは8秒程度の時間がかかります。押したらすぐに録画が開始されるわけではないので、この点には注意が必要です。とはいえ、録画の開始や終了はLEDや音で知らせてくれるので、今の状態が把握できないといったことはないと思います。

時間のかかる編集作業をサポートしてくれるアプリも

 ONE Rを紹介した際にも説明しましたが、Insta360はアプリの作りが優秀です。動画は撮影より編集のほうが大変なのですが、Insta360のアプリには高度な編集が直感的に操作できる機能が搭載されており、慣れればそれほど時間を掛けずに面白い動画作成が可能です。

 AI編集機能もあり、手軽に動画を作りたいときに重宝します。AI編集だけでは思ったような動画にならないときもありますが、そのデータをベースに手動編集が可能なので、一から作業をするよりも簡単に動画が作成できます(アプリの動作にはスマホの性能が関わりますので、動作環境を満たしているか公式ホームページでご確認ください)。

アプリを使って動画から写真を抜き出すことも簡単にできる Photo: Kento OZEKI

 そのほかにもGPSデータを連動させたり、乗っている人と景色を同時に映し出すマルチビュー機能や360度のライブ配信機能等これでもかというほどに機能が満載されており、外乗りだけではなく室内トレーニング等にも大いに活用できそうです。

 個人的に今までいくつかのInsta360製品や競合製品を使用してきましたが、それらと比べてもONE X2の完成度は非常に高く、単純に360度動画やステディカムモードを使用するだけでも満足感が高い製品であることは間違いありません。

 今は新型コロナウィルスの影響もあり、なかなか遠くへ外出することは難しくなっていますが、新しい画角や視点で見慣れた近所の景色を新鮮な映像にしてみるというのも面白いかもしれませんよ。

⼤関賢⼟(おおぜき・けんと)

平成元年⽣まれのロングライド系チャリダー。速くはないが、ヒルクライムが好きで、2017年より日本中の峠を登り総評するブログ「え、登らないんですか?」を運営中。ブログ運営の他、自治体向け観光PRのドローン撮影やロードレース、トライアスロンイベントでの運営サポート、撮影業務も行う。各種SNSにて情報発信していますので、お気軽にフォロー下さい。

※本記事の商品紹介リンクを経由して、商品・サービスを購⼊すると、その⼀部が紹介料として(株)産経デジタル(以下、当社)に付与されることがあります。

※本記事における商品紹介のリンク先は,当社が提供するサービスではありません。リンク先で表示される価格情報は最安とは限りません。リンク先での行動はすべて利用者自身の責任でご判断ください。当社は一切の責任を負いかねます。

この記事のタグ

自転車アイテム セレクション

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載