新開発トリプルセンサー搭載 限定新色も登場女性誌「VERY」とコラボレーション ブリヂストン「HYDEE.B」2013年モデル新発売

  • 一覧

 ブリヂストンサイクルは、30代の主婦層に圧倒的な人気を誇る女性誌「VERY」(ヴェリィ)と共同開発した、子供乗せ電動アシスト自転車「HYDEE.B」(ハイディビー)の2013年モデルを3月中旬に新発売する。アシスト力の制御や、バッテリー容量が改良され、またこの春限定の新色も登場する。価格は14万1800円(税込)。

ブリヂストン HYDEE.B(ハイディビー)。春限定カラーのグロスネイビーブリヂストン HYDEE.B(ハイディビー)。春限定カラーのグロスネイビー
こちらも春限定カラーのヘルシーレッドこちらも春限定カラーのヘルシーレッド

 HYDEE.Bは安全性を損なうことなくおしゃれさを追求するため、VERY編集部と共同で、車体からチャイルドシートまでゼロから開発したモデル。コンセプトは「パパもママも乗れるハンサムバイク」で、ママが扱うことを前提とした安全設計に、“イクメン”パパも好むスポーティなクルーザースタイルを取り入れている。

 2013年モデルでは、従来のダブルセンサー(トルクセンサー、スピードセンサー)にクランク回転センサーを加えた「トリプルセンサーシステム」を搭載。緩斜面ではパワフルかつスムーズに、平坦面では踏む力が弱くてもしっかりと走るようアシスト制御を向上させた。

 また、バッテリーが6.6Ahから8.7Ahに容量アップ。強モードで最大32km、オートエコモードで44kmを走行することができ、日々の充電の手間が省けるようになった。さらに“残りアシスト走行距離”をkm単位の具体的な数字で表示する、新開発の3ファンクションメーターを搭載している。

メーターが従来(左上)の“バッテリー残量”・“速度”に加えて、“残りアシスト走行可能距離”も表示できるようになったメーターが従来(左上)の“バッテリー残量”・“速度”に加えて、“残りアシスト走行可能距離”も表示できるようになった
車体ロゴは、限定色のみのシルバー(上)。チャイルドシートクッションには新柄「ブラックウォッチ」を採用(下)車体ロゴは、限定色のみのシルバー(上)。チャイルドシートクッションには新柄「ブラックウォッチ」を採用(下)

 カラーは昨年より好評な5つのカラー(クロツヤケシ、ホワイト、ネイビー、ライトグレー、ブルーグレー)に加えて、VERY編集部と何度も色出しを行った「グロスネイビー」「ヘルシーレッド」のトラッドな春限定2色を発売する。限定色では、チャイルドシートクッションに新柄の「ブラックウォッチ」を採用し、車体のロゴも限定仕様のシルバーとなっている。

 東京・神宮前の「バイクフォーラム青山」では、3月7日(木)から4月中旬の予定で、HYDEE.Bの春限定2色が展示される。


この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

e-BIKE ブリヂストンサイクル 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載