新製品情報アウトスのサングラス「Deeps+」 プリズムオフセットレンズが“ズレ”のない視界を生む

  • 一覧

 メガネメーカー「アウトス」から、サイクリスト向けサングラス「Deeps + Prism offset Lens」(ディープスプラス プリズムオフセットレンズ)が発売された。製品名にもなっているプリズムオフセットレンズにより、視界にズレが生じにくい画期的なサングラスだという。

アウトス「Deeps + Prism offset Lens」を着用した走行イメージアウトス「Deeps + Prism offset Lens」を着用した走行イメージ
サイングラスを着用して走行中の視野サイングラスを着用して走行中の視野

 プリズムオフセットレンズは、多くのスポーツサングラスに使用されているレンズと比較して視界の歪みやズレ(プリズム作用)が少ないのが特徴だ。視野の周辺部分が約20%広くなるため、裸眼に近い広い視野が得られるという。顕微鏡などの精密光学機器で有名なドイツのカールツァイス社が製造しており、国内では初めての販売となる。

 アウトスは福井市の眼鏡フレーム販売会社。「リサイクルできる」「自然に返せる」といったエコロジーの概念を製品開発に取り入れている。近年の自転車やランニングのブームを背景に、アウトドアスポーツ向けのサングラス開発を模索する中で、プリズムオフセットレンズに着目した。

 アウトスでは「快適なだけでなく、安心・安全に走行することができる」として、スポーツ目的でないユーザーにも積極的に販売していく方針だ。

プリズムオフセットレンズは、これまでのレンズと比較して視野の周辺部分が約20%広くなるプリズムオフセットレンズは、これまでのレンズと比較して視野の周辺部分が約20%広くなる
視野の周辺部分にズレが生じている状態視野の周辺部分にズレが生じている状態
視野の周辺部分にズレが生じていない状態(プリズムオフセットレンズ使用)視野の周辺部分にズレが生じていない状態(プリズムオフセットレンズ使用)


 製品の開発が進んでいた昨年には、人気の自転車イベント「乗鞍ヒルクライム」と「東京シティサイクリング」の参加者を対象にモニタリングも行なわれた。試用したサイクリストからは高評価が得られ、その視界の違いに驚きの声も上がったという。

 ディープスプラス プリズムオフセットレンズは、フレームカラーやレンズカラーが異なる5種類がラインナップされ、「Dragon(レンズカラー2色)」「Second wind/type A(レンズカラー2色)」「Second wind/type B(レンズカラー2色)」が各6300円、「Jonathan/type A (フレームカラー2色、レンズカラー4色)」「Jonathan/type B (フレームカラー2色、レンズカラー4色)」が各1万2600円となっている。全カラーは、ホームページで確認することができる。

「Jonathan/type A 」(フレーム: ブラック、レンズ: ローズ)「Jonathan/type A 」(フレーム: ブラック、レンズ: ローズ)
「Jonathan/type A 」(フレーム: ブラック、レンズ: クリア)「Jonathan/type A 」(フレーム: ブラック、レンズ: クリア)
「Jonathan/type B 」(フレーム: ホワイト、レンズ: イエロー)「Jonathan/type B 」(フレーム: ホワイト、レンズ: イエロー)
「Jonathan/type B 」(フレーム: ブラック、レンズ:グレー)「Jonathan/type B 」(フレーム: ブラック、レンズ:グレー)

 度付きレンズは用意されていないが、同シリーズとしてプリズムオフセットレンズではない度付きレンズ仕様の「Deeps + KoolTech」も販売されている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

アイウェア アウトス

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載