仮エントリー受付中!春の石岡をたっぷり堪能! 地元グルメ満載の「獅子頭ライド」エイドメニュー発表

  • 一覧

 茨城県の石岡市を舞台に2021年3月20日(土・祝)に開催されるファンライドイベント「石岡 獅子頭ライド(ししがしライド)」のエイドステーションで提供されるグルメラインナップが決まりました。石岡の春を代表する「いばらキッス」を始めとする数種類のいちごや、常陸秋そばを石臼で挽いた手打ちそば、天然の猪肉を使った希少な「猪鍋」など地元の名産品を使ったエイド食が盛りだくさん! 摂取カロリーが消費カロリーを上回ること必至です。 2月14日(日)まで仮エントリーを受け付けています。 

獅子頭ライドで石岡グルメを堪能しよう! ©獅子頭ライド実行委員会

トップバッターは茨城のニューフェイス「れんこんまん」

 スタートから約14km地点にある第1エイド「旧有明中学校」では、茨城県が生産量日本一を誇る特産のレンコンと、県の銘柄豚「ローズポーク」を使ったJA茨城の自信作「れんこんまん」がトップバッターとして登場します。

茨城県が生産量日本一を誇るレンコンと県銘柄豚「ローズポーク」を使った「れんこんまん」 ©獅子頭ライド実行委員会

 シャキシャキとした食感とともに、県内銘柄豚の最高峰といわれるローズポークのうま味たっぷりの肉汁が楽しめる逸品です。まだ少し肌寒い初春の朝、アツアツほくほくのれんこんまんをまるまる1個頬張って、暖まり切らない体にホットなパワーを注入しましょう。

石岡特産の「いばらキッス」も登場

 約30km地点、ロングコースではヒルクライム前の補給ポイントとなる第2エイド「朝日里山学校」では大会のイチオシ、旬を迎えたいちごが登場します!

糖度が高く、酸味とのバランスも良い濃厚な味わいが特徴の「いばらキッス」をお試しあれ ©獅子頭ライド実行委員会

 石岡の名産「いばらキッス」は、果肉がしっかりとした「とちおとめ」と甘くて大きい「レッドパール」、酸味が少なく柔らかな「章姫」とを掛け合わせによって誕生した新種。糖度が高い上に酸味とのバランスも良い、濃厚な食味が特徴です。「いばらキッス」の他にも、とちおとめ、紅ほっぺ等も登場。それぞれのいちごの食べ比べや、産地でしか味わえない糖度が高い完熟いちごも味わってみてください。

地元八郷産の「常陸秋そば」を石臼で挽いた名物の手打ちそば ©獅子頭ライド実行委員会

 そして、地元八郷(やさと)産の常陸秋そばを石臼で挽いた温かい手打ちそばも振る舞われます。動物性たんぱくを使用しない飼料で育てたくせのないジューシーな肉質が特徴の「つくば鶏」のガラでだしをとり、里山学校で収穫した野菜を加えて作られるおそばは、毎年開催される「朝日里山そばまつり」でも大人気! 地元イチオシの逸品です。

まだまだある!石岡グルメ

 ロングコースの約60km地点(ショートコースでは約40km地点)、最終エイドとなる「常陸風土記の丘」では地元の銘柄豚「弓豚」で作られたソーセージと、弓豚を使った「味噌焼きそば」が登場。石岡の豊かな自然と風土の中で育てられている日本SPF豚協会認定のブランド豚で、パリッ、ジュワッとした食感が楽しめます。

石岡名産の銘柄豚「弓豚」で作られたソーセージ ©獅子頭ライド実行委員会
石岡名産の一つ「小倉味噌」の特選味噌だれと「弓豚」を使用したB急グルメ「みそ焼きそば」 ©獅子頭ライド実行委員会

 「石岡あきんどの会」の皆さんが作る味噌焼きそばは、石岡名産の一つ「小倉味噌」の特選味噌だれと弓豚を使用したB級グルメ。あっさりした中に味噌の香ばしさが加わった、クセになる味です。

 そして、石岡市で採れた農産物を使って作る地元オリジナルスイーツ「いしおかサンド」をご用意。「石岡市産品を使用」「サンドしている」「各店のオリジナリティが加えられている」の3つのルールで市内のお菓子屋さんが個性あるサンドをつくっています。

石岡市で採れた農産物を使って作る地元オリジナルスイーツ「いしおかサンド」(写真は一部) ©獅子頭ライド実行委員会
ふわふわのブッセ生地にいちごの酸味とクリームチーズの塩味、そしてチョコの食感が合わさった「いばらキッスブッセ」 ©獅子頭ライド実行委員会

 エイドに登場するのは、旬のいちごを使ったいしおかサンド3種類。大会のために開発中という新商品に乞うご期待です。ここまでのエイドで「もうおなかいっぱい!」となってしまったら、背中のポケットに入れてゴール後にゆっくり味わうのも良いかもしれませんね。

ゴール後は猪鍋と甘酒で“ホット”一息

 フィニッシュしてもまだまだ“おもてなし”が終わらないのが獅子頭ライド。ゴール地点の「いしおか イベント広場」では走り終えた体を冷やさないよう、石岡名物あつあつの「猪鍋」と、丁寧に手作りされた糀を使った温かい甘酒をご用意します。猪鍋は地元で捕れた天然の猪が使われる、ここでしか味わない地元グルメ。砂糖を入れなくても甘さが際立つ甘酒とともに、イベントの余韻を味わってください。

天然の猪肉を使った石岡名物の「しし鍋」 ©獅子頭ライド実行委員会
里山学校の手作り糀で作った甘酒。砂糖を入れなくてもとても甘い ©獅子頭ライド実行委員会

 この他にもロングコース限定でドリンクのみを提供するウォーターエイドステーションを設置する予定です。ヒルクライムを上りきった所にある朝日峠駐車場の展望台から、土浦市側に広がる関東平野を一望ながら温かいコーヒーで一服いただけます。

 獅子頭ライドでは2月14日(日)まで料金が発生しない仮エントリーを受け付け中です。“長い冬”を乗り越えた先の3月、美味しい食べ物と里山ライドで春の訪れを感じましょう。各エイドステーションで万全の感染対策を実施し、皆さまのお越しをお待ちしております。

「石岡 獅子頭ライド2021」

開催日:2021年3月20日(土・祝)
開催場所(スタート/ゴール地点):茨城県石岡市若宮3丁目1-1「いしおかイベント広場」
コース:①ショートコース:45.8km(約4時間)獲得標高327m ②ロングコース:66.3km(約6時間)獲得標高829m
募集定員:440人(全コーストータル)
参加資格:
・中学生以上(未成年者は、保護者の参加同意が必要)
・各コース距離を完走できる走力を備えていること(自己申告)
参加料:ショート6,500円、ロング8,000円
 ※参加費には、消費税と傷害保険料が含まれます。
仮予約受付:2月14日(日)まで(※定員に達し次第〆切となります)
本予約受付:2月18日(木)~25日(木)

問合せ:「石岡 獅子頭ライド」実行委員会運営事務局(ml.sd-cyclist-info@sankei.co.jp、担当:上片平亮、後藤恭子)

この記事のタグ

獅子頭ライド2021

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載