宮本和宏・守山市長「地域活性化の起爆剤」滋賀県守山市を舞台にしたトライアスロン大会が2021年5月23日に初開催

  • 一覧

 滋賀県守山市とトライアスロンバイク専門メーカーのCEEPO(シーポ)が12月22日、守山市役所で、同市を舞台にしたトライアスロン大会「LAKE BIWA TRIATHLON IN MORIYAMA」(仮称)を初開催すると発表した。大会は2021年5月23日に行われる予定。1月10日頃に大会ホームページを公開し、1月15日からウェブエントリーにより参加者を募集する。

写真左から、坂井裕人・大会副実行委員長、宮本和宏・守山市長、シーポを手がけるワコーの田中信行社長 © Moriyama City

 本イベントは1985年から1997年まで13年間行われていたトライアスロンの大会「アイアンマンJAPAN」発祥の地である琵琶(びわ)湖で、国内外に誇るイベントを開催したいと企画されたもの。琵琶湖を一周するサイクリング、通称“ビワイチ”を軸に自転車のまちづくりを展開する守山市で開催する。第1回大会はプレ大会として位置づけ、将来的には国内外から人を呼べる大会にしていく方針だ。

 コースは琵琶湖サイクリストの聖地碑前をスタート・ゴールに定め、比良山系を望む琵琶湖でのスイムパート1.8km、野洲川堤防や農道などを利用したバイク(自転車)パート60kmとマラソンパート19kmを予定している。定員は300人、別途リレー形式のチーム参加を10組募集する。

 宮本和宏守山市長は「ビワイチの発着地をキーワードに自転車のまちづくりを進めてきたなか、こうした企画を守山市に持ってきていただいたことは大変嬉しく、地域活性化の起爆剤として大いに期待を寄せています。市としても積極的に応援したい」と話した。

LAKE BIWA TRIATHLON IN MORIYAMA(仮称)

■開催日時:2021年5月23日(日)7:00~15:00
■開催場所:守山市湖岸周辺地域
 ※発着地は第二なぎさ公園
■募集人数:300人(別途リレーのチーム参加を10組募集)
■コース:スイム1.8km、バイク(自転車)60km、マラソン19km
 ※大会は雨天決行。スイムコンディション(高波など)によってスイム1.5km、バイク60km、ラン18kmに変更の可能性があります。
■エントリー:WEBエントリー
■募集開始:1月中旬予定
 ※専用のWEBページは1月上旬頃公開予定で決定次第情報提供します。
■主催:LAKE BIWA TRIATHLON IN MORIYAMA運営実行委員会、CEEPO INTERNATIONAL
■協力・後援:守山市(予定)、その他団体

この記事のタグ

トライアスロン トライアスロン大会 大会・イベント情報 守山市 滋賀県

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載