パリ〜ニース2013 第3ステージ雨の下りでアタック成功 タランスキーがステージ優勝とマイヨジョーヌを獲得

  • 一覧

 フランスで開催中のパリ〜ニースは6日、第3ステージがシャテル・ギヨン〜プリウドの170.5kmで争われ、メーン集団から飛び出した7人によるゴール争いの結果、アンドルー・タランスキー(アメリカ、ガーミン・シャープ)が勝利した。タランスキーは同時に総合首位のマイヨジョーヌも手に入れた。日本の別府史之は、大集団ゴールで74位だった。

厳しい雨のレースを制し、声を上げて喜ぶアンドルー・タランスキー(アメリカ、ガーミン・シャープ)厳しい雨のレースを制し、声を上げて喜ぶアンドルー・タランスキー(アメリカ、ガーミン・シャープ)

 フランスの中央部をジグザグに南下するステージ。途中に3級山岳2つと2級山岳1つを通過し、アップダウンもあるコースだ。雨模様の中、序盤に飛び出した4人が100km以上を逃げ続ける展開となった。メーン集団はリーダーチームのキャノンデールがコントロールしてその差を4分程度に保ち、残り40kmを切ってからは勝負を狙うチームが追走に参加。逃げとの差は急速に詰まり始める。

 ゴールまで残り15kmに位置する2級山岳、モヴァーニャへの上り口で、ついに逃げは吸収。ペースを上げたまま上りに突入し、集団後方では上りを得意としない選手が徐々に遅れ始める。この日マイヨジョーヌを着てレースに臨んだスプリンターのエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、キャノンデール)もその一人だ。

雨のステージを進むプロトン雨のステージを進むプロトン
マイヨジョーヌを着てスタートしたエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、キャノンデール)は山岳で遅れをとったマイヨジョーヌを着てスタートしたエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、キャノンデール)は山岳で遅れをとった

 先頭では頂上の直前でアンドリー・グリフコ(ウクライナ、アスタナ プロチーム)がアタック。吸収されるものの、下りで再びアタックを仕掛けた。コーナーが途切れない下りは、雨で路面が濡れていることもあって、集団も容易にペースを上げることができない状況だ。

 グリフコに一度はマキシム・イグリンスキー(カザフスタン、アスタナ プロチーム)が合流するが、イグリンスキーは落車して脱落。代わって6人が追い付き、7人の先頭集団が形成される。これを追うメーン集団も20人ほどで、先頭から見える位置で追い続けるが、集団内の意思統一が取れず、その差を詰めることができない。

 7秒ほどの差が開きも縮まりもせず、先頭と後方の集団同士の我慢比べは、先頭がそのまま差を保ち、逃げ切ることに成功した。7人のゴール争いを制したタランスキーがステージ優勝。10秒のボーナスタイムを得たことで、総合でも首位に立った。

ステージ優勝を決め、喜びを爆発させるアンドルー・タランスキーステージ優勝を決め、喜びを爆発させるアンドルー・タランスキー
ステージ優勝とともにマイヨジョーヌも獲得したアンドルー・タランスキーステージ優勝とともにマイヨジョーヌも獲得したアンドルー・タランスキー

 ここまでの4日間、マイヨジョーヌを着る選手が日替わりとなる混戦模様。この日の大3ステージでは、荒れた天候とアップダウンによって集団は細分化され、総合上位の人数もかなり絞られた。この後、レースは本格的な上りに入り、総合争いも本番を迎える。

第3ステージ結果
1 アンドルー・タランスキー(アメリカ、ガーミン・シャープ) 4時間6分15秒
2 ダヴィデ・マラカルネ(イタリア、チーム ヨーロッパカー) +0秒
3 ゴルカ・イサギレ(スペイン、エウスカルテル・エウスカディ) +0秒
4 ダビ・ロペスガルシア(スペイン、スカイ プロサイクリング) +0秒
5 リッチー・ポート(オーストラリア、スカイ プロサイクリング) +0秒
6 ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼル ラモンディアル ) +0秒
7 アンドリー・グリフコ(ウクライナ、アスタナ プロチーム) +0秒
8 ジョナタン・イヴェール(フランス、ソジャサン) +7秒
9 エンリーコ・ガスパロット(イタリア、アスタナ プロチーム) +7秒
10 マキシム・ブエ(フランス、アージェードゥーゼル ラモンディアル ) +7秒
74 別府史之(日本、オリカ・グリーンエッジ) +2分58秒

個人総合時間賞
1 アンドルー・タランスキー(アメリカ、ガーミン・シャープ) 14時間39分36秒
2 アンドリー・グリフコ(ウクライナ、アスタナ プロチーム) +3秒
3 ダヴィデ・マラカルネ(イタリア、チーム ヨーロッパカー) +3秒
4 シルヴァン・シャヴァネル(フランス、オメガファルマ・クイックステップ) +4秒
5 ゴルカ・イサギレ(スペイン、エウスカルテル・エウスカディ) +5秒
6 リーウ・ウェストラ(オランダ、ヴァカンソレイユ・DCM) +6秒
7 リッチー・ポート(オーストラリア、スカイ プロサイクリング) +7秒
8 ペーター・ ヴェリトス(スロバキア、オメガファルマ・クイックステップ) +0秒
9 ダビ・ロペスガルシア(スペイン、スカイ プロサイクリング) +0秒
10 ジョナタン・イヴェール(フランス、ソジャサン) +12秒
80 別府史之(日本、オリカ・グリーンエッジ) +3分11秒

ポイント賞
1 エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、キャノンデール) 55 pts
2 ボルト・ボジッチ(スロベニア、アスタナ プロチーム) 43 pts
3 シルヴァン・シャヴァネル(フランス、オメガファルマ・クイックステップ) 38 pts

山岳賞
1 マルティン・ケイゼル(オランダ、ヴァカンソレイユ・DCM) 8 pts

新人賞
1 アンドルー・タランスキー(アメリカ、ガーミン・シャープ) 14時間39分36秒

チーム総合
アスタナ プロチーム

 
(文・米山一輝 写真・砂田弓弦)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

パリ〜ニース2013

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載