ロード男子の現ナショナルチャンピオン弱虫ペダルサイクリングチームが入部正太朗の来季加入を発表

  • 一覧
入部正太朗 Photo: NTT Pro Cycling

 国内Jプロツアーなどに参戦する「弱虫ペダル サイクリングチーム」が12月20日、ロードレースの現ナショナルチャンピオンの入部正太朗(NTTプロサイクリング)が来季2021シーズン、所属選手として加入することを明らかにした。

 入部は早稲田大学卒業後、名門・シマノレーシングに8年間所属。2019年の全日本選手権ロードレースで初優勝したことで2020年は世界最高峰のUCIワールドチーム、NTTプロサイクリング入りを果たしていた。しかし新型コロナウイルスが猛威をふるった今年、レーススケジュールが大幅に変更となり、入部は大きなレースをほとんど走らないままシーズンを終了。来季はチームのメインスポンサーからNTTが外れ、ロースターが入部が入らないまま確定しており、入部自身の去就が注目されていた。

 来季の契約が白紙となった入部はUCIプロチームとの交渉も行っていたというが、時期が遅く欧州チームとの契約には至らず、次のステップへの受け皿として2021シーズンを、弱虫ペダルサイクリングチームで走ることになったという。

 同チームは人気自転車マンガ『弱虫ペダル』作者の渡辺航さんが監督を務める自転車レーシングチーム。シクロクロス分野で複数の日本チャンピオンを生むなど実績を積み、ロードレースでも女子のJフェミニツアーで5年連続個人総合優勝をしているほか、男子チームは2018シーズンより国内最高峰のロードツアー「Jプロツアー」に参戦している。入部の加入はチームが主眼とする「世界に通用する若手選手の育成」をより具現化できるチャンスと捉えているという。

入部正太朗コメント

 2021年シーズンを「弱虫ペダル サイクリングチーム」の一員として走ります、入部正太朗です。今年は新型コロナウィルスの影響もあり、例年とはかなり異なる環境・状況でシーズンを過ごすことになりました。しかしそのような中でもNTTプロサイクリングで沢山の大切な出会いと貴重な経験をさせてもらいました。NTTプロサイクリングには感謝の気持ちでいっぱいです。

 来季からチーム クベカ・アソスとなるチームと契約をすることは残念ながらできず、諦めずに来年度もヨーロッパのチームで活動できる可能性を模索し続けましたが、今の私の実力ではその可能性を見出す事ができませんでした。

 そんな折、ご縁があって「弱虫ペダル サイクリングチーム」の一員として競技を続けるチャンスを頂きました。“自分を支えてくださっている多くの方々のおかげで幸せな競技人生を送ることが出来ている”という感謝の気持ちをこれまで以上に感じました。この気持ちを忘れずに、後輩の育成等チームにしっかりと貢献することはもちろん、これまでと変わらず「自分の夢」に向かって日々精進してまいります。

 2021年度も応援よろしくお願い致します。

渡辺航監督コメント(「弱虫ペダル」作者 / チーム監督)

 ナショナルチャンピオンジャージを持つ入部正太朗選手が2021年シーズンのレースを弱虫ペダル サイクリングチームで走ることとなりました。若手育成をメインテーマとしている本チームにとっては願ってもない話で、連絡があった時はすぐに承諾しました。国内や世界で数々の活躍をしてきた入部選手の走りを若手選手たちは間近で体感できることができます。入部選手には自らの目標を遂行していく傍ら、様々なことを伝えていって欲しいと思っています。

 ゴールまでは何が起こるかわからないのがロードレース。入部選手には起こりうる全てを次のステップを掴むチャンスに変えて欲しいと思っています。

 来季は弱虫ペダル サイクリングチームでの入部選手の走りをお楽しみに! 僕も楽しみにしています!

この記事のタグ

弱虫ペダル

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載