title banner

長距離企画で実際に試しましたtom's cyclingがおすすめ! ロングライドに役立つアイテム3選

  • 一覧

 元々長時間走行することが苦手だった私たちですが、今年になってからは千葉県から宮城県仙台市までの400kmや、千葉県の外周を1周する520kmのライドなど、様々なロングライドに挑戦するようになりました。

人気自転車系YouTuberのtom’s cyclingがロングライドにおすすめな3アイテムを紹介 Photo: tom’s cycling

 慣れるまでは、身体が痛くなったり、メカトラに遭ったり、困ってしまうことも多々ありましたが、最近はようやく「ロングライドのコツ」のようなものが掴めてきた気がします。

 そこで今回は、私たちが実際にロングライドで使用して、本当に良かった!と思えた商品を3つご紹介したいと思います。

①TOPEAK「ファストフュエル トライバッグ」

 バイクのトップチューブに取り付けられるバッグです。普段のサイクリングではサドルバッグやツールボトルだけでも十分ですが、ロングライドになると持ち物や装備が増えるので、このトップチューブバッグがとても役立ちました。

手が届く場所に収納でき便利なトピーク「ファストフュエル トライバッグ」 Photo: tom’s cycling

おすすめポイント

◎マジックテープで着脱できるので工具が不要
◎すぐに手が届く場所に取り付けられるので物を取り出しやすい
◎コンパクトだが、中には仕切りがあり、外にもポケットがあるので意外と容量がある

 私たちはこの中に補給食とモバイルバッテリーを入れて走行していました。
すぐに補給を取れますし、サイクルコンピューターやフロントライトを充電しながら走行することもでき、とても便利でした!

サイドにはメッシュポケットが設けられている Photo: tom’s cycling

②FUMPA PUMPS「ミニフンパ」

 サイクリングで最も多いメカトラと言えば、パンクではないでしょうか?
パンク修理で個人的に一番大変で苦手なのが、タイヤに空気を入れる作業です。携帯用ポンプでは、3BARくらいまでは楽に入りますが、それ以降は硬くてなかなか進まない…。でも、長時間走るロングライドの際は、なるべく時間のロスをなくしたい…。そこで大活躍したのが、電動ポンプのミニフンパでした!

電動で約8BARまで空気を充填できる「ミニフンパ」 Photo: tom’s cycling

おすすめポイント

◎1回の充電で2回分使える
◎電動なので全く疲れずに一気に約8BARまで空気が入る
◎片手に収まるコンパクトサイズで重量も180gと軽量
◎難しい操作や力は一切必要なく、誰でも簡単に扱える

 千葉県一周520kmを走行した際、一番疲労が溜まっていた420km地点くらいでパンクをしてしまいました。でもミニフンパがあったおかげで、一瞬でパンク修理が終わり、すぐにまた走り出すことができました。空気圧もしっかり入るので、再度パンクしてしまうこともなく、快適に走行できたのはとてもありがたかったです! ロングライドだけでなく、遠征などでも大活躍しているアイテムです。

③R250 縦型軽量輪行袋

 電車輪行はもちろん、もしもの時に必需品となる輪行袋。実際に装備して走行する場合は、なるべく軽量でかさばらない物を選びたいところです。各メーカーから軽量輪行袋が販売されていますが、今回ご紹介するのはR250の縦型軽量輪行袋です。

マニュアル付きで安心の「縦型軽量輪行袋」 Photo: tom’s cycling

おすすめポイント

◎約320g(本体・カバー類・ストラップ類すべて含む)と軽量
◎コンパクトに収納でき、サドルの後ろに付けたり、ボトルケージにも入る大きさ

 他メーカーと比較して安値だったので、少し心配していましたが、強度や使いやすさは全く問題ありませんでした。また、分かりやすいイラスト付きのマニュアルが付属してあり、輪行にあまり慣れていない私たちにはとてもありがたかったです!

 以上、tom’s cyclingが選ぶロングライドお役立ちアイテムでした! 途中で何が起こるか分からないロングライドだからこそ、「もしも」の時を考えた装備が必要だなと感じました。少しでも参考になれば嬉しいです!

この記事のタグ

自転車アイテム セレクション

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載