小石祐馬がキャプテン就任チームUKYOが2021年体制を発表 NTTプロサイクリングからダイボールが移籍加入

  • 一覧

 元F1ドライバーの片山右京氏が率いるUCIコンチネンタルチーム「チームUKYO」が、2021年のチーム体制を明らかにした。NTTプロサイクリングからベンジャミン・ダイボール(オーストラリア)が移籍するなど4選手が新加入。選手10人体制でUCIアジアツアーと国内リーグを戦う。

チームUKYOが2021年体制を発表。新加入選手は(上段左より)小山智也、宇賀隆貴、ベンジャミン・ダイボール、マーカス・キュリー、継続選手は(下段左より)小石祐馬、吉岡直哉、横塚浩平、武山晃輔、ネイサン・アール、レイモンド・クレダー © Team UKYO

 ダイボールは2019年のツール・ド・ランカウイで総合優勝するなど、アジア・オセアニアのレースで実績を多く残している選手で、チームが主戦場とするUCIアジアツアーでの活躍が期待される。

チームUKYO 2021年体制

小石祐馬(こいし ゆうま)日本 1993.09.15生
吉岡直哉(よしおか なおや)日本 1991.12.23生
横塚浩平(よこつか こうへい)日本 1994.08.08生
武山晃輔(たけやま こうすけ)日本 1997.11.22生
小山智也(こやま ともや)日本 1998.07.18生
宇賀隆貴(うが りゅうが)日本 1999.10.08生
ネイサン・アール(Nathan EARLE)オーストラリア 1988.06.04生
レイモンド・クレダー(Raymond KREDER)オランダ 1989.11.26生
ベンジャミン・ダイボール(Benjamin DYBALL)オーストラリア 1989.04.20生
マーカス・キュリー(Marcus CULEY)オーストラリア 1993.11.15生

桑原GMのコメント

 2021年はまだまだ未確定な要素がありますが国内新リーグのJCLとUCIアジアツアーで優勝が期待できるチームになっていると思います。小石選手をキャプテンとして新たに若い伸び盛りの日本人選手2人を迎えて元気な走りを期待しています。思うような成績を残せなかった2020年でしたが来期はファンの皆様、スポンサーの皆様に恩返しできるシーズンにしたいと思いますので引き続き温かい応援を宜しくお願い致します。

 新加入するのはダイボールのほか、チームサプラからマーカス・キュリー(オーストラリア)、また日本人はヒンカピー・リオモ・ベルマーレより小山智也、稲城フィッツ・クラスアクトから宇賀隆貴の2選手がチーム入りする。なお2020年所属選手のうち畑中勇介、依田翔大、ベンジャミ・プラデス、ロビー・ハッカー、サム・クロームの5人がチームを離れる。

この記事のタグ

チームUKYO

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載