新製品情報2020キャニオンが軽量クロスバイク「ロードライト」の2021モデルを発売 通勤やフィットネス向けの走行性能

  • 一覧

 キャニオンがプレミアムクロスバイク「ROADLITE」(ロードライト)シリーズの2021モデルを発売した。カラーとグラフィックが一新され、パーツ構成もアップデート。走行性能と軽さを追求して、通勤やフィットネス用途における高性能を実現したバイクで、アルミフレームモデルとカーボンフレームモデルを用意する。

キャニオンからクロスバイク「ロードライト」シリーズの2021モデルが発売 © Canyon

 ロードライトシリーズは、全モデルで油圧ディスクブレーキを採用。気象条件を問わず信頼性の高い制動力が得られる。エントリーグレードの「5」でも軽量アルミフレームによって10kgを切る完成車重量を実現。「7」以上のモデルにはステム一体型ハンドル、スルーアクスルを装備し、さらなる軽さ、俊敏なハンドリング、スムーズなルックスを獲得する。カーボンフレームを採用した「CF」モデルはさらに軽量化を追求し、ハイエンドの「9」では8.26kgの超軽量を実現する。

「ロードライト 5」はエントリーモデルながら軽量アルミフレームによる9.90kgの完成車重量と、高い走行性能を備える © Canyon
「ロードライト 6」は軽量アルミフレームにロードバイク用コンポーネントShimano 105を搭載 © Canyon
「ロードライト CF 9 LTD」フルカーボンフレームに、無線電動コンポSRAM X01 Eagle AXS、フルカーボンホイールを装備した最高級モデル © Canyon

 他のキャニオンバイクと同様、全世界でオンライン直販にて販売。サイズ選択には「パーフェクトポジショニングシステム」(PPS)を用意する。長年、日本を含む全世界からのオンラインサイジングで収集したデータを使用し、身長と股下寸法を入力するだけで、わずか5分でサイズ診断をすることができる。万が一、フレームサイズが合わなかったり、実際のカラーが気に入らなかったという時でも、商品到着後30日以内であれば返品を受け付けている。

「ロードライト 7」はスルーアクスル化した上級アルミフレーム、ステム一体型ハンドルにロードバイク用コンポーネントShimano Ultegraを搭載 © Canyon
「ロードライト CF 8」ではさらに軽量なフルカーボンフレームを採用。パーツもさらに軽量・高性能なチョイス © Canyon
女性向けWMNモデルも「ロードライト CF 8 WMN」など3グレードで用意 © Canyon

■ロードライト 完成車ラインナップ

(価格は全て税・送料別)

ロードライト 5 / SRAM Apex 1 / 9.90kg / 99,000円
ロードライト 5 WMN / SRAM Apex 1 / 9.80kg / 99,000円
ロードライト 6 / SHIMANO 105 / 9.90kg / 119,000円
ロードライト 6 WMN / SHIMANO 105 / 9.75kg / 119,000円
ロードライト 7 / SHIMANO Ultegra / 9.20kg / 149,000円
ロードライト CF 8 / SHIMANO Ultegra / 8.82kg / 209,000円
ロードライト CF 8 WMN / SRAM NX Eagle / 9.11kg / 189,000円
ロードライト CF 9 LTD / SRAM X01 Eagle AXS / 8.26kg / 379,000円

この記事のタグ

キャニオン クロスバイク 新製品情報

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載