新製品情報2020KCNCからカラフルな軽量ディスクローターロックリングと軽量スルーアクスルが発売

  • 一覧

 サイクルパーツブランド「KCNC」(ケーシーエヌシー)から、ディスクブレーキロードに最適な軽量ディスクローターロックリングと、軽量スルーアクスルが登場した。KCNCならではの軽量アルミパーツで、カラフルなカラーラインナップも魅力だ。

軽量なアルミ製のディスクローターのセンターロックリング(左)とスルーアクスル(右)が発売 Photo: Riteway Products Japan
5色の鮮やかなカラーバリエーションはドレスアップにも最適 © KCNC

 「ディスクローターロックリングKCL05」は6061アルミニウム合金製の、軽量なセンターロックローター用ロックリング。スチール製のロックリングと比較すると半分程度の重量で、バイクの軽量化が可能だ。カラーアルマイトによる5色展開は、カラーカスタマイズにも最適。脱着にBBツールを使用する外セレーション方式を採用し、9mmQRから20mmスルーアクスルまで対応する。

■ディスクローターロックリングKCL05

税抜価格:900円
カラー:ブラック、ブルー、ゴールド、レッド、シルバー
対応ハブアクスル:9mm、10mm、12mm、15mm、20mm
材質:6061アルミニウム合金
参考重量:9g

12×100mm用が追加

 「ヘックスタイプスルーアクスル KQR09 7075AL」は、軽量クイックリリース並みの21gという軽さで、ディスクロードの軽量化に貢献するスルーアクスル。今回12×100mm用が追加された。こちらも5色のカラーラインナップとなる。

 アルミニウム合金の中でも特に強度に優れる7075アルミ合金製。コンピューターによる応力解析を行い、必要な強度を確保した上で、CNCによる徹底的な削り出しを施している。脱着の際に6mm六角レンチを差し込む六角穴をスレッド側のみに配置することで、強度を犠牲にせずに軽量化に成功。一般的な軽量スルーアクスルで多く採用されるアクスル中心部の小径化は行わず、ハブ軸を確実にサポートする。

7075アルミ合金製で軽量。カラーバリエーションも魅力(写真はリア用) © KCNC
片側のみに六角穴を設けた構造 © KCNC

■ヘックスタイプスルーアクスル KQR09 7075AL

税抜価格:6,600円
カラー:ブラック、ブルー、ゴールド、レッド
材質:7075アルミニウム合金
参考重量:21g(12x100mm用)

【12×100mm-120】12×100mm(スレッド:1.5ピッチ×13mm、軸長:120mm、フラットヘッド)
【12×100mm、Felt FR対応】12×100mm(スレッド:1.5ピッチ×16mm、軸長:123mm、フラットヘッド)※Felt FR、VR、BROAM、BREED、2018モデル以降のFXに対応
【12×142mm、Syntace X-12 163mm】12×142mm(スレッド:1.0ピッチ×18mm、軸長:163mm、テーパーヘッド)※Felt FR、VR、BROAM、BREED、IA、2018モデル以降のFXに対応
【12×142mm、Shimano E-thru/Fox 161mm(ショート)】12×142mm(スレッド:1.5ピッチ×18mm、軸長:161mm、フラットヘッド)

この記事のタグ

KCNC サイクルパーツ ライトウェイプロダクツジャパン 新製品情報

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載