新製品情報2020キャニオンが新型「スペクトラル 29」を発売 最も多用途で高性能なトレイルバイク

  • 一覧

 ドイツのスポーツバイクブランド「Canyon」(キャニオン)が、キャニオン史上最も多用途に楽しめるトレイルバイク「スペクトラル 29」を発売した。29インチホイールを採用し、最先端のフルカーボンフレームなどにより、上りも下りもトレイルも、全てに対応する走破性と多用途性を手に入れた。

キャニオンから新型トレイルバイク「スペクトラル 29」が新登場 © Canyon

 スペクトラル 29は、さまざまな受賞歴を誇る「スペクトラル 27.5」を出発点に、その美点の全てを取り入れ、さらなる機能性と汎用性を付加した。「あなたのガレージに、一台だけMTBを持てるとしたら? これこそが、そのバイクです」という言葉に、キャニオンの自信が見て取れる。

 より大径の29インチホイール採用で、より大きなトラクションを稼ぎ、より高い安定性、より良い乗り越え性能を獲得。しかも27.5インチと同じだけの遊びやすさと俊敏性をも備えた。

スイングアームまでフルカーボンの新設計フレームに走破性の高い29インチホイールを採用 © Canyon

 フレームはヘッドチューブの角度を寝かせ、シートチューブを立てたことで、下りでの安定性を高め、上りでの効率性を高めた。バイクをコントロールするための十分なスペースを確保するため、リーチはより長くなっている。ジオメトリーはフリップチップにより切り替えが可能だ。最新鋭のトリプルフェーズサスペンションのキネマティクスにより、パンプやホップのたびに加速でき、荒れたトレイルでも絶対的なスピードとコントロールを実現する。

一台でオールラウンドに対応できるバイクだ © Canyon

 一から設計された最先端のフルカーボンフレームは、強度と耐久性を向上させながら、ミドルストロークのトレイルバイクとしては驚異的な2600gへと軽量化された。ライダーはよりダイレクトなコントロールと信頼性を得ることができる。フレーム内部のケーブルガイドにより、ブレーキホースやシフターケーブルの素早い配線を実現するなど、整備性も向上した。

旧モデルのスペクトラル 27.5と一見似たようなフレームシルエットだが、並べて比較すると全面的に新設計であることが分かる © Canyon

 完成車はフルサスペンションのトレイルバイクを使用するライダーの多様性を考慮して、傾向を分けた仕様を厳選しラインナップする。Rockshox / SRAM 完成車はオールラウンドなトレイルライディングに最適なチューニングで、ややスティープなジオメトリー、35mmシャシーの150mmフォーク、軽量なリザーバータンクなしのショックを採用した。一方のFox / Shimano完成車は下り重視のセッティングで、スラックなジオメトリー、剛性の高い36mmシャーシの160mmトラベルフォーク、リザーバータンク付きショックを採用している。

Spectral 29 CF 7 © Canyon
Spectral 29 CF 8 © Canyon
Spectral 29 CF 9 © Canyon
Spectral 29 LTD © Canyon

■スペクトラル 29 完成車

・スペクトラル 29 CF 7 / SRAM GX Eagle / Rockshox Pike Select RC 150mm / 14.16kg / 349,000円
・スペクトラル 29 CF 8 / Shimano XT / Fox 36 PE Grip2 160mm / 14.44kg / 429,000円
・スペクトラル 29 CF 9 / SRAM X1 Eagle / Rockshox Pike ULT RCT3 150mm / 13.42kg / 539,000円
・スペクトラル 29 CF LTD / Shimano XTR / Fox 36 Factory Grip2 160mm / 13.57kg / 629,000円
(すべて税・送料別)

この記事のタグ

キャニオン マウンテンバイク 新製品情報

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載