知識・経験・技術を持ったメカスタッフが常駐シマノがサービス拠点の販売店網「シマノ サービスセンター」を国内展開開始

  • 一覧

 自転車パーツメーカーのシマノが、サービス拠点ネットワーク「シマノ サービスセンター」(SSC)の日本展開を開始した。全国の自転車販売店から、シマノ製品を熟知し、豊富な経験と高い技術を持ったメカニックスタッフが常駐する店舗を認定。広範囲に及ぶシマノ製品の消耗品チェックやメンテナンス、コンポ—ネンツのアップグレードなどで、安心のサービスクオリティを提供する。

シマノ サービスセンターのテンポには、知識・技術・経験を備えたメカニックスタッフが常駐する(イメージ) © SHIMANO

 自転車はさまざまなパーツから構成されており、使用に従って摩耗や経年により劣化が生じて交換が必要となるパーツも存在する。シマノではトップグレードからエントリーグレードまで、約8000種類の補修パーツを取りそろえ、全国の自転車プロショップに迅速に供給するシステムを構築している。

 シマノは自転車が本来の性能を発揮するためにも、大切な自転車を長く楽しむためにも、日ごろの点検と定期的なメンテナンスが大切と考えており、知識と技術と経験を兼ね備えたサービス拠点を全国各地に展開することとなった。

 シマノ サービスセンターでは優れたメカニックスタッフが常駐するほか、最新のシマノテクノロジーを修得。シマノ純正パーツの在庫も充実させている。

この記事のタグ

シマノ

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載