盗難検知アラームやGPS追跡機能を搭載自転車盗難防止デバイス「オルターロック」に新モデル 来年3月出荷の予約受付が開始

  • 一覧

 ネクストスケープのスポーツ自転車向け盗難防止デバイス「AlterLock」(オルターロック)に新モデルが登場した。来年3月末の出荷に向けて12月1日より予約受付が開始。第2世代となった新モデルではボディのスリム化やアラーム音量のアップなど改良が施されている。

オルターロックに各部を改良した第2世代デバイスが登場 © AlterLock

 オルターロックはスポーツバイクに取り付けることで、駐輪時に振動センサーで盗難が疑われる場面を検知。大容量アラームを鳴らしたり、スマートフォンに通知したりして盗難を防止するほか、万が一の盗難時にはGPSなどの位置情報と本体の通信機能により追跡することができる。スリムなデバイス本体はボトルケージと一体的に目立たず取付けでき、充電式バッテリーにより一度の充電で最大1.5カ月の稼働が可能だ。

駐輪時に振動で盗難を検知してアラームを鳴らすほか、デバイスの通信機能でオーナーのスマートフォンに通知を行う。位置情報の追跡も可能 © AlterLock
スマートフォンアプリを通じて振動検知や位置情報ログの追跡が可能 © AlterLock

 第2世代では第1世代ユーザ−からの声を取り入れてさまざまな改良が施された。デバイス本体は、重量が前モデルの約60gから約50gに軽量化。幅が約1センチ細くスリムなスティック状になり、エアロフレームの性能を損なわないデザインとなった。筐体の構造を改善してネジ締め強度が大幅に向上。アラーム音量が最大95dBと約3倍の音圧になったほか、Wi-Fi測位が追加されて屋内での追跡性能を大幅に改善した。

 ソフト面では振動検知アルゴリズムが改良され、誤検知のリスクが減少。またスマートフォンとの接続性が改善している。なおオートガード機能は廃止となる。

第2世代はボディがスリム化され、フレームではなくボトルを包むような形状となった。想定する取付位置はダウンチューブ側に © AlterLock
前モデルに比べて小型化し測位機能を強化した一方、稼働時間や防塵・防水機能、通信機能といった部分は変わらない高水準を保っている © AlterLock

 利用にはデバイス本体の購入のほかサービス料が必要。サービス料は月額で360円、年額で3600円(いずれも税抜)となる。

■AlterLock(第2世代)

税抜価格:9,800円(デバイス本体)
サービス料(税抜):月額360円、年額3,600円
サイズ:⻑さ159mm×幅38mm×厚さ9mm
重量:約50g
出荷開始:2021年3⽉25⽇(⽊)※⼊荷状況により変更の場合あり

この記事のタグ

オルターロック 新製品情報

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載