見逃した方はYouTubeのアーカイブでチェック新城幸也選手も出演「伊豆大島 御神火ライド 2020」 栗村修さん、猪野学さんが大島をバーチャルライド

  • 一覧

 「伊豆大島 御神火ライド 2020」が11月28日、オンラインイベントとして開催された。バーチャルライドイベント「御神火 DONATION e-Ride」ではゲストの猪野学さん、栗村修さんや参加者がオリジナルコースを快走。トークショー中心の番組「御神火ライドオンライン」では新城幸也選手(バーレーン・マクラーレン)をゲストに迎え、生配信で伊豆大島の魅力を伝えた。

今年はオンラインで開催!「伊豆大島御神火ライド2020」 Photo: Kenta SAWANO

生輪生相談で新城選手が回答

 「伊豆大島 御神火ライド 2020」は本来であれば伊豆大島を一周するライドイベントだが、新型コロナ感染拡大の影響でオンラインでの開催となった。ライドイベント「御神火 DONATION e-Ride」はバーチャルサイクリングアプリ「Fulgaz」(フルガス)を利用しての開催となった。高画質の実写映像が特徴のアプリで、スマートトレーナーとの接続でリアルなライド体験が可能だ。

最後はアタックの応酬を繰り返した猪野学さん(左)と栗村修さん Photo: Shusaku MATSUO
ワフーのスマートトレーナー「キッカー」と「キッカーコア」でリアルな走行感を体験 Photo: Kyoko GOTO
バーチャルサイクリングアプリ「フルガス」で伊豆大島をバーチャルライド Photo: Shusaku MATSUO
バーチャルライドはサッポロビールの飲料で乾杯! Photo: Kenta SAWANO

 スタジオの猪野さん、栗村さん、新城選手は出走の時間が迫ると、参加者とともにカウントダウンを実施して仮想会場を盛り上げた。全員が同時にスタートを切り、名所「地層大切断面(通称:バウムクーヘン)」や伊豆大島ならではの自然を楽しみ、合計10.34kmのオンラインライドを体験した。栗村さんと猪野さんは新城選手からの応援もあり、最後はアタックで力を尽くして終了。ライド後はサッポロビールのノンアルコール飲料「プレミアム アルコールフリー」で乾いた喉を潤した。

ライド中に意外と酷使する上半身のストレッチ方法を紹介した「ドクターストレッチ」 Photo: Kenta SAWANO
ライド後の疲れは「ドクターストレッチ」でリフレッシュ Photo: Shusaku MATSUO

 ライド後は「栗村修の生“輪”生相談」が開催され、普段では聞けない疑問に栗村さんが回答した。視聴者からの「50代からでも強くなれますか?」の質問には猪野さんが「僕も気になります!」と前のめりに便乗。これに対し、新城選手が「伸び悩むということは強くなった証拠です」と回答し、皆うなずいて納得していた。

 また、伊豆大島の魅力を伝えるべく、大島じてんしゃ協会代表・寺本雄一郎さんもスタジオに合流した。「朝から島を一周ライドしてから参りました!」と皆を驚かせる場面もあった。「ぜひサイクリストの皆様に伊豆大島へきていただきたいです」と呼びかけた。

ハッシュタグキャンペーンでは新城幸也選手直筆サインが加えられたボトルが賞品に Photo: Kenta SAWANO

第2部はYouTubeでライブ配信

 第2部の「御神火ライドオンライン」はYouTubeチャンネル「サイクリストTV」で生配信が実施された。ここではMCに飯島美和さんを加えて、なかなか聞けない新城選手への質問をリアルタイムで募集。「自転車競技と他のスポーツとの違いは?」という質問に対して、「サッカーも全員がゴールにシュートを打つわけではないですよね? 自転車も同じで役割がある点は一緒です。しかし、自転車はレースだけでなく、カフェへサイクリング行ったり、色々な楽しみ方や達成感があります。多くの方が楽しめるスポーツです」と回答した。

YouTubeライブで放送された「御神火ライドオンライン」では後藤恭子編集部員が伊豆大島の魅力をリポート Photo: Kenta SAWANO

 次に、伊豆大島の魅力を伝えるコーナーが始まった。参加者の代わりに、Cyclist後藤編集部員が伊豆大島へ渡ってリポート。観光ポイントやグルメ、そしてサイクルスポットを紹介した。過去ゲストとして島へ渡った猪野さん、栗村さんが流れる景色に「こんな景色ありましたね! また来年こそは行きたいですね!」と懐かしみ、次回開催を期待した。

 2016年にアジア選手権参加のために伊豆大島を走った新城選手は「以前、島を訪れた時はレース前ということもあり、刺身が食べられなかったり、ゆっくり観光スポットで止まったりできずでした。一方でコースは1周40kmほどでアップダウンもあって本当に良かった。何周もして楽しみました。プライベートで自転車に乗りながら島をゆっくりと回ってみたいですね! 次回の御神火ライドは来年の11月開催予定ということで、ぜひ参加して現地を訪れたいと思います!」とコメントし、ゲストとして参加表明をした。

ゲストの猪野学さんが伊豆大島の魅力をフリップに書き示した Photo: Kenta SAWANO
簡潔に伊豆大島の魅力を記した新城幸也選手 Photo: Shusaku MATSUO
来年の「伊豆大島御神火ライド」は11月に現地開催を目指す Photo: Shusaku MATSUO

この記事のタグ

伊豆大島御神火ライド2020

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載