新製品情報2020ブライトンから新型GPSサイコン「Rider750」が登場 直感的なGUIや音声検索機能を搭載

  • 一覧

 台湾の電子機器ブランド「Bryton」(ブライトン)から、新型GPSサイクルコンピューター「Rider(ライダー)750」が発売された。グラフィカル・ユーザーインターフェイスが可能な2.8インチのカラータッチスクリーンを搭載し、インストール済みのオープンストリートマップ(OSM)ベースのナビゲーションが可能。またブライトン初の音声検索機能やスマートトレーナー対応機能を搭載している。

ブライトンから新型GPSサイコン「Rider750」が登場 ©︎ Bryton

 Rider750は最長20時間のバッテリー稼働時間を誇り、大容量ストレージ、最新のBLE5.0テクノロジーを搭載し、GPSを始めとするすべての全球測位衛星システムに対応。ラインナップは本体と付属品の基本セットと、3種類のセンサー(速度、ケイデンス、心拍)も付属するトリプルセンサーキットが用意される。Rider750の登場に合わせて、ブライトン純正アプリのBryton Activeもアップデートされた。

タッチセンサー付きの2.8インチカラーディスプレイを搭載し直感的な操作が可能 ©︎ Bryton

 Rider750に搭載された新開発のグラフィカル・ユーザーインターフェイスは、直感的な操作とわかりやすいアイコンが特徴。メーター画面では従来のクラシックな文字表示とダイナミックなカラーグラフィックモードが選択可能。高感度タッチスクリーンは、データやマップのページ切り替えやスクロールが、グローブをつけたままでもスムーズに行うことができる。

日本全国の地図を内蔵して直感的なナビゲーションを実現 ©︎ Bryton

 インストール済みのマップは日本全国はもちろん、世界の主要地域をカバー。無料のマップデータが6カ月ごとに最新の情報に更新され、インストールされていない地域のマップデータも無料でダウンロードが可能だ。ナビゲーションでは現在位置を表示してルートの詳細を簡単に読み取れるほか、ターン・バイ・ターン機能により曲がり角までの距離と曲がる方向が表示され、ルートを外れた場合でも自動的にルートを再検索し、元のルートに戻ることができる。

 ナビ機能ではPOI(場所・施設)や山頂の設定が、Bryton Activeアプリから可能。ルート案内使用時に次のPOIや山頂までの距離が把握でき、状況判断の材料にしたり、目的地までのやる気維持に役立てたりすることができる。

ブライトン初の音声検索機能を搭載 ©︎ Bryton

 音声検索機能はインターネット接続により、素早くより直感的に目的地を見つけることができる。煩わしい画面上での入力が不要で、100以上の言語に対応している。

スマートトレーナーと接続してコントロールが可能 ©︎ Bryton

 スマートトレーナーへの対応はフィットネス機器制御用のANT+「ANT+ FE-C」を通して行われ、同規格に対応するスマートトレーナーと連動してさまざまな機能が使用可能だ。トレーニング強度に合わせてトレーナーの負荷レベルをRider750上でコントロールしたり、目標とするパワーに合わせてワットを設定することができる。Bryton Activeアプリのワークアウトを使い、トレーニング内容のカスタマイズも可能。アプリのルートデータを再現して、実際にコースを走っているかのようなバーチャルライドも体験できる。

3台のバイクプロフィールを切り替えることが可能 ©︎ Bryton

 切り替え可能なバイクプロフィールは3台分をセットアップ・カスタマイズ可能。このほか世界中のe-BIKEで広く採用されているシマノ製e-BIKEコンポーネント「ステップス」に対応しており、アシストモードやバッテリーの状態、航続距離を表示することができる。

■Rider750E(本体のみ)

税抜価格:29,800円

■Rider750T(トリプルセンサーキット)

税抜価格:38,800円

この記事のタグ

サイクルコンピューター フカヤ ブライトン 新製品情報

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載