新製品情報2020ワフーから初のマルチスポーツウォッチ「エレメントライバルGPS」が登場

  • 一覧

 スポーツ向けのスマートデバイスを作る「Wahoo」(ワフー)より、初めてのマルチスポーツウォッチ「ELEMENT RIVAL GPS」(エレメントライバルGPS)が登場した。ELEMENTサイクルコンピューターで培われたテクノロジーを搭載し、ユーザー本位のデザインと機能性をトライアスリートやランナーに提供する。

ワフーから初めてのマルチスポーツウォッチ「ELEMENT RIVAL GPS」が登場 © Wahoo

 ELEMNT RIVALは、マルチスポーツイベントのステージでアスリートのレースデータを画期的な方法で記録する。独自のタッチレス・トランジション技術を開発。トライアスロンのスイムからライド、ランにかけて、時計に触れることなく、途切れることなくトランジションすることを可能にしている。

ELEMENTシリーズのテクノロジーが時計のボディに修められた © Wahoo

 また、Wahooのエコシステムの一部として、RIVALのマルチスポーツハンドオーバーモードはELEMNT GPSサイクリングコンピューターと連動し、トライアスロンなどのマルチスポーツの自転車セクションにおい て、時計からハンドルバーに取り付けられたサイクルコンピューターにレースデータを移行させることができる。これによりデータは常に確認しやすく、簡単に状況が理解でき、アスリートはレースに集中することができる。

 時計本体は、セラミックベゼルやバックライトを自動調整する照度センサーなど、クラストップレベルの機能を搭載。その他にも、ウォッチモードで14日間、GPSモードで24時間も持続するバッテリー、気圧高度計、光学式心拍センサー、ライブトラッキングなどの機能が搭載されている。

モバイルアプリと完璧に連動可能 © Wahoo

 RIVALは、WahooのELEMNT GPSサイクリングコンピューターと同様に、設定が簡単で使いやすいプラットフォームとモバイルアプリを採用。ワークアウト後のデータはWahooコンパニオンアプリで確認でき、TrainingPeaksやStravaなどのサードパーティ製プラットフォームに自動的にアップロードできる。また、RIVALはANT+やBluetoothセンサーと接続したり、Wahoo KICKRスマートトレーナーをコントロールすることも可能だ。

 アイアンマン世界チャンピオンのヤン・フロデノ、アメリカのアイアンマン世界記録保持者のヘザー・ジャクソン、2度のオリンピック出場経験のあるサラ・トゥルーら、世界最高のトライアスリートたちがすでにRIVALを使用している。

■ELEMENT RIVAL GPS

税抜価格:39,800円

ELEMNT RIVALを使用するアスリートからのコメント

ヘザー・ジャクソン(アメリカのアイアンマン世界記録保持者)
 「私は実際に、2位になった女性よりもトランジションの時間が短かったためにレースで優勝したことがあります。私にとって、スイム、バイク、ラン、そしてその間のトランジションをトラッキングできるデバイスがあれば、貴重な秒数を稼ぐチャンスがまた一つ増えることになります」

ヤン・フロデノ(アイアンマン世界チャンピオン)
 「プロスポーツで重要なことのひとつは、自分自身に集中できることです。レース中は集中を妨げるものが多いので、使用している機材のことを気にかけないで済む状態は理想的です。レース中は自分のことに 100パーセント集中したいと思っています。だからこそスマートウォッチのことを忘れることができるのは素晴らしいことです、なぜならそれも間違いなく自分の集中を削ぐ要因の一つだからです」

この記事のタグ

ワフー 新製品情報

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載