オークリーアイテムも試着「オークリー・サイクリングクラブ」イベントで127人が箱根一周、初代バチェロレッテ・福田萌子さんも参加

  • 一覧

 オークリーのコミュニティが主催するサイクリングイベント「Oakley Cycling Club 55km」が11月3日、神奈川県小田原市を発着に、箱根を一周するコースで行われた。オークリーの製品を試着しながら、サイクリングコース共有アプリ「ツール・ド」を使って、127人が小田原・箱根のライドを楽しんだ。国内トップクラスのマウンテンバイクライダー、BMXライダーを中心としたチーム・オークリーも参加し、イベントを盛り上げた。

ヒルクライムで平均勾配10%の区間に挑むゲストライダーの福田萌子さんと永田隼也選手 Photo:Atsushi Matsuda

 オークリーは今年よりコミュニティ活動に力を入れており、今回のイベントは今年8月にスタートしたコミュニティの2回目のイベント。第1回はランニングだったが、第2回は初めてサイクリングでの実施となった。

 会場となった「小田原フォレストバイク」の駐車場には、早朝から多くのサイクリストが集まり、静岡県三島市、町田市、多摩市、大田区など遠方から自走してきた強者も。ソーシャルディスタンスを取りながらイベントを楽しんだ。

小田原市内にあるバイクパーク、「フォレストバイク」が会場に Photo: Atsushi Matsuda
イベントではオークリーのサングラスなどを無料貸し出し。製品の解説なども行われた Photo: Atsushi Matsuda

 参加者にはオークリーのPrizm Roadレンズのサングラスと、ヘルメット、サイクリングジャージが貸し出され、長時間のライドでその性能を体感。スタッフによる詳しいレンズや製品の説明も行われ、参加者は積極的に質問をして、自分に合ったモデルを選んでいた。

ゲストライダーにはMTBやBMXのトップライダーらが多数参加 Photo: Atsushi Matsuda

 ゲストライダーはチーム・オークリーのマウンテンバイク、BMXの選手たち、また初代バチェロレッテの福田萌子さんが参加。普段の主戦場と異なる環境ながらも、箱根のヒルクライムを力強く駆け上がった。

箱根を一周する55kmのコースを走った Photo: Atsushi Matsuda
ヒルクライムの終盤にある「甘酒茶屋」にて、一休みをしたゲストライダー Photo: Atsushi Matsuda
ヒルクライム区間を終えると、視界が一気に開け、芦ノ湖が参加者を迎える Photo: Atsushi Matsuda
最後のチェックポイントである「大涌谷」 Photo: Atsushi Matsuda

 ライドはアプリ「ツール・ド」を使い、参加者がそれぞれ自由なスタート時間とペースで各自コースを完走するという、緩やかな形で行われた。そんな中でもコース上でオークリーのジャージを着た参加者同士が声をかけたり、写真を一緒に撮ったりと、共に美しい紅葉に染まる景色と時間を共有した。

 当日コースを完走した人には、オークリーのTシャツ、タオル、スペシャルディスカウントチケットなどの完走賞が贈られた。

この記事のタグ

イベント オークリー

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載