海あり、山あり、世界遺産あり篠さんと平野由香里さんがナビゲート、WAKAYAMA800のおすすめコースの魅力

by 浅野真則 / Masanori ASANO
  • 一覧

 和歌山県は、県内全域のおよそ800kmの道路に自転車の通行場所を示すブルーラインを引き、海や山の絶景スポット、世界遺産の高野山や熊野三山をつなぐ“サイクリング王国”。豊かな自然に育まれたグルメあり、全市町村に温泉あり、交通量も少なめで走りやすい。車や鉄道、関西国際空港経由の空路とアクセス手段も豊富で、全国から訪ねやすいのも魅力だ。今回は和歌山を堪能するのに特におすすめの2コースを紹介。自転車界の人気インスタグラマー・篠さんと平野由香里さんのお二人が両コースのポイントを実際に走り、その魅力を語る。

スヌーピーに見える十九島をバックにポーズを決める篠さん(右)と平野由香里さん(左) Photo: Masanori ASANO

篠さん

 ヒルクライムの魅力をSNSやブログで発信し続けるインスタグラマー。イベントのゲスト参加や自転車雑誌の露出も多数。アソスやラピエール、ガシロンのアンバサダー、伊豆市2020東京オリンピックPRモデルも務める。インスタグラム @shino_138

平野由香里さん

 音楽と融合した室内バイクエクササイズや親子体操教室の講師を務める傍ら、サイクルイベントやツアーの企画運営にも携わり、MCとしても活動する。箕面市自転車特命大使も務める。デローザジャパンとパートナーシップを結んでいる。インスタグラム @hirano_yukari_official

モデルコース1
紺碧の海と白い岩礁がなす景勝・白崎海岸から“和歌山のラルプデュエズ”へ

・距離68.7km
・獲得標高1381m
・スタート地点:JR紀伊由良駅
・フィニッシュ地点:JR藤並駅

 和歌山の海の絶景を楽しみ、道中古い町並みを探訪し、みかん畑のヒルクライムで締める、和歌山の海の絶景を楽しめるコース。

 スタート地点はJR紀伊由良駅。ここから“日本のエーゲ海”とも称される紺碧の海と白い岩礁からなる白崎海岸をはじめとする海の絶景を楽しみながら、海岸線を縫うように北上する。海岸沿いは比較的起伏に富んでいて、最大13%という急勾配も現れるので、走りごたえもある。道の駅・白崎海洋公園を過ぎてすぐ、「スヌーピー島」と呼ばれる写真映えスポットもある。

“日本のエーゲ海”こと白崎海岸 Photo: Masanori ASANO
道の駅・白崎海洋公園 Photo: Masanori ASANO

 しばらく海岸線沿いに走ると、日本の醤油醸造発祥の地と言われる湯浅へ。ここは重要伝統的建造物群保存地区に指定されている古い町並みが残る。湯浅は新鮮なしらすを使ったしらす丼が名物で、しらす丼を食べさせるお店が何軒もある。

 湯浅をあとにし、再びリアス海岸の絶景を楽しみながらサイクリング。有田市の箕島漁港を経て、有田川沿いに東進。川を北上すると、有田みかんのみかん畑の中を上る千葉山のヒルクライムへ。ここは“和歌山のラルプデュエズ”と地元サイクリストの間で話題のコースで、途中ラルプデュエズのように上ってきた道が一望できる場所がある。

ラルプデュエズのような景色が広がる千葉山のヒルクライム Photo: Masanori ASANO
みかん畑がいっぱい! Photo: Masanori ASANO
有田みかんを使った補給食「フルジェル」 Photo: Masanori ASANO

 上りきったら千葉の森公園方面に向かい、「山神」こと山神社を訪ね、フィニッシュ地点のJR藤並駅を目指そう。

おすすめポイント1:日本のエーゲ海・白崎海岸

 和歌山県西部の由良町にある絶景スポット。石灰岩からなる岩礁と紺碧の海のコントラストがまるでエーゲ海を思わせ、最高に写真映えすると観光客にも人気だ。

スヌーピーが寝転んだような「十九島」 Photo: Masanori ASANO

 サイクリストにとっては、潮風を浴びて絶景を楽しみながら走れるのが魅力。コース自体も適度に起伏があって走りごたえもあるので、のんびり走ってもガッツリ走ってもそれぞれ楽しめるはずだ。

 道の駅・白崎海洋公園では、みかんソフトやしらす丼なども味わえるので、序盤のエネルギー補給にもよさそう。また、道の駅の近くにはスヌーピーが寝そべっているように見える通称“スヌーピー島”こと十九島(つるしま)がある。要チェックだ。

篠さん【晴れたら最高に写真映えするのでいい写真が撮れる!】

 白崎海岸という名前の通り、石灰岩の岩礁は白くて迫力があって感動しました。撮影日は晴天で、こういう天気のいい日に行くとすごく“映える”写真が撮れますね。海岸線は意外にアップダウンもあるので、走っても気持ちいいエリアです。

平野さん【和歌山に来たら絶対に自転車で走ってほしい!】

 景色がよくて、走っていて気持ちいいし、いい写真も撮れるので、和歌山に来たら絶対に自転車で走ってほしいと思いました! 道の駅の近くにある“スヌーピー島”は、訪れる前は「本当にスヌーピーに見えるの?」ってちょっと疑ってましたが、実際に見てみると本当にスヌーピーみたいで感動しました。

おすすめポイント2:和歌山のラルプデュエズ・千葉山

 和歌山県のブランドみかん・有田みかんの畑を縫うように走る距離5.7km、平均勾配7.7%のヒルクライム。国道480号から千葉山フルーツパーク方面に曲がる交差点が上り口だ。

雄大なつづら折れは下から見ても壮観! Photo: Masanori ASANO

 序盤はみかん畑の中を縫うように通されたつづら折りで、勾配もややきつめ。中盤以降はやや勾配も緩んでところどころ視界が開け、有田川と麓の町並み、遠くに和歌山湾が見える。今まで通ってきた道が一望できるポイントもあり、その景色がまるでツール・ド・フランスに登場するラルプデュエズのようだと地元のサイクリストの間で評判になり、いつしか“和歌山のラルプデュエズ”と呼ばれるようになったそうだ。

 終盤は山の上の風車を目指して走る。勾配が再びややきつくなるが、風車が見えたらフィニッシュは近い。ピークを過ぎて千葉の森公園方面に向かうと、「山神」として地元で親しまれる山神社がある。

篠さん【ヒルクライムの魅力を凝縮した“全編ボーナスステージ”の上り】

 たった6kmの上りでみかん畑あり、ラルプデュエズを思わせる絶景あり、最後は風車がドラマチックに迎えてくれるというドラマが凝縮されているのが素晴らしい! 他のヒルクライムコースだと長い上りをこなしてようやくご褒美の絶景に出会えるところが少なくないので、千葉山はまさに全編ボーナスステージのようなものです。

平野さん【「これだけ上ったんだ」という達成感を味わいやすいのでおすすめ】

 サイクリングツアーでは旬を意識しますが、今回はみかんの収穫時期というまさに千葉山の旬の時期に走れたのはよかったです。“和歌山のラルプデュエズ”と呼ばれるゆえんとなった上ってきた道を一望できるポイントは、「これだけ上ったんだ」という達成感を味わわせてくれるのでいいですね。

モデルコース2
紀の川河口から川沿いのサイクリングロードを遡り天空の仏教の聖地・高野山へ

・距離96.8km
・獲得標高1983m
・スタート地点:JR海南駅
・フィニッシュ地点:南海高野山駅

 海辺の町から川原のサイクリングロードを経て、標高800mの仏教の聖地・高野山をヒルクライムで目指す。海、川、山と和歌山の自然を堪能し、世界遺産の高野山も訪ねる欲張りなコースだ。

 スタート地点はJR海南駅。紀州漆器の産地として知られる黒江には連子格子やうだつのある町屋が立つ古い町並みや、道に対して家々が斜めに立てられたノコギリの歯のような形の路地が残る。

 さらに海沿いを走って雑賀崎へ。ここは海の近くまで切り立った崖に白を基調とした建物が集まるように建っており、まるでイタリアの観光地アマルフィを思わせる景色が広がっている。

イタリアの観光地アマルフィを思わせる雑賀崎 Photo: Masanori ASANO

 雑賀崎から北上し、紀の川サイクリングロードへ。サイクリングロードは基本的に平坦で自動車が通らないのでストレスなく走ることができる。途中南海本線の赤い鉄橋をくぐる地点は“映える”写真が撮れるスポットだ。

走りやすい紀の川サイクリングロード Photo: Masanori ASANO
写真が“映える”鉄橋下 Photo: Masanori ASANO

 道の駅・柿の郷くどやまを過ぎ、九度山駅を過ぎたあたりから高野山へのヒルクライムが始まる。距離は約20kmで高野山まで平均勾配約4%だが、途中はなさかドライブイン付近でいったん下るので上りのみの平均勾配は5%程度だ。距離は長いがマイペースを守れば初心者でも比較的上りやすいだろう。ただし冬期は路面凍結の恐れがあるので気をつけよう。大きな朱塗りの大門が見えたら、いよいよ世界遺産・高野山。ヒルクライムの山頂に天空の仏教都市があり、上りきった達成感はひとしおだ。

山上まで快適ヒルクライムを楽しめる高野山 Photo: Masanori ASANO
ヒルクライムの終点にある大門 Photo: Masanori ASANO
山上に別世界の宗教都市が広がる Photo: Masanori ASANO

 高野山ではお寺を参拝したり、精進料理をいただいたり、奥之院を散策したり、スニーカーなど普通の靴に履き替えて散策を楽しもう。

高野山奥之院 Photo: Masanori ASANO
奥之院のガイドツアーもおすすめ Photo: Masanori ASANO
福智院 Photo: Masanori ASANO
福智院宿坊の精進料理 Photo: Masanori ASANO

 帰りは南海高野山駅からケーブルで南海高野線極楽橋駅から橋本方面へ輪行。大阪または和歌山方面に帰るのがおすすめ。

おすすめポイント1:紀の川サイクリングロード

河口付近から快適に走れる紀の川サイクリングロード Photo: Masanori ASANO

 紀の川沿いに整備されているサイクリングロード。河口付近から川沿いに東にずっと延びていて、和歌山市から岩出市、紀の川市を経て橋本市までの約60kmをつないでいる。

 大半が河川敷や堤防の自転車道で、信号や車がなく、平坦で走りやすい。途中、南海本線のレンガの橋脚を持つ赤い鉄橋をくぐるが、ここは知る人ぞ知る写真映えスポット。紀の川市には春に桃の花が咲く桃源郷があるほか、少し足を延ばせば猫型の駅舎とニタマよんタマ駅長でおなじみの貴志駅もある。

篠さん【減速させる障害物がないのが◎】

 関東の河川敷のサイクリングロードでは、途中車止めのための障害物があったりして気持ちよく走り続けるのが難しいですが、紀の川サイクリングロードはそういうものがあまりなくて気持ちよく走り続けられるのがいいですね!

平野さん【信号がないから気持ちいい!】

 ほとんどの区間が自転車道で、信号がなく、車も走っていないので、初心者でも安心して走れますし、サイクリングの気持ちよさを存分に味わえるのがいいですね。南海本線の赤い鉄橋は、時々ピンクの列車が通るので、そのタイミングでうまく写真を撮れると“映える”写真が撮れますよ!

おすすめポイント2:高野山ヒルクライム

 2015年に開創1200年を迎えた世界遺産の仏教の聖地・高野山。この天空の仏教都市へ上るルートはいくつかあるが、今回は九度山側からかつての高野山への参道だった町石道と並行するように走る国道480号線を上るルートを紹介する。

歴史を感じさせるヒルクライム Photo: Masanori ASANO

 上り口は南海高野線九度山駅前で、ここから約20kmで獲得標高およそ800m、平均勾配は約4%のヒルクライムだ。距離は長いが勾配は比較的緩め。特に序盤の数kmはなだらか。そこからやや勾配がきつくなるが、おおむね勾配は5%程度なのでマイペースを守れば上り切れるはずだ。

 中盤以降もおおむね5%の勾配が続くが、カーブの連続で見通しもあまりよくないところもあるので、対向車や観光バスに注意して走ろう。

大門の横を抜けて聖地・高野山へ Photo: Masanori ASANO

 朱塗りの大門が左手に見えたらヒルクライムは終了。丁字路を左に折れると世界遺産の仏教の聖地・高野山だ。高野山には総本山の金剛峯寺をはじめ100以上の寺があり、宿坊では精進料理をいただくこともできる。また、戦国武将をはじめ、昭和期の実業家などの著名人のお墓が並ぶ奥之院を散策するのもおすすめ。高野山エリアを楽しむなら、ビンディングシューズ以外にスニーカーなどのシューズと、真夏以外は防寒着もお忘れなく。

篠さん【走りやすく、上りきった上に町があってテンションが上がる!】

 ヒルクライムってピークまで上っても絶景があるぐらいですが、ここは上りきったところに町があるというのが他のヒルクライムと一番違うところですね! それがとても新鮮でした。紅葉もきれいでしたが、紅葉の時期は車が多いので要注意ですね。

平野さん【マイペースで走れば初心者でも足を着かずに上れるかも?】

 高野山への上りは、勾配がそれほどきつくないので、初心者でもペースを守れば足を着かずに上り切れると思います。さらに上りきったところにお寺や土産物店が並ぶ町があるので、上ってから一休みできるというのもいいですね。個人的には奥之院をガイドツアーで回るのもおすすめです!

泊まりで行くならサイクリストに優しい宿に泊まろう!

 和歌山県内各地に自転車を部屋に持ち込めるなどサイクリストに優しい宿が点在する。今回宿泊したダイワロイネットホテル和歌山もサイクリストに優しい宿。和歌山城を一望する部屋もある。JR和歌山駅から車で約10分、阪和自動車道和歌山ICから車で約15分と県外からのアクセスも良好だ。

エレベーターに直接自転車を乗せて客室へ Photo: Masanori ASANO
客室で愛車と一緒に過ごせるのでセキュリティも安心 Photo: Masanori ASANO

ダイワロイネットホテル和歌山

〒640-8156 和歌山県和歌山市七番丁26-1
TEL 073-435-0055
WEB https://www.daiwaroynet.jp/wakayama/

 WAKAYAMA800のウェブサイトには、県内のおすすめコース、コース付近のサイクリストに優しい宿やグルメスポット、空気入れや修理工具を備えたサイクルステーションなどが紹介されている。出発前の情報収集に活用しよう。

この記事のタグ

和歌山県

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載