全国からトップ選手が集結MTB全日本選手権ダウンヒルは男子が清水一輝、女子は岩崎美智恵がともに2連覇

  • 一覧

 長野県の富士見パノラマリゾートで11月7日、第33回全日本自転車競技選手権マウンテンバイク(ダウンヒル競技)が行われ、男子エリートは清水一輝(BLAZE A TRAIL)、女子エリートは岩崎美智恵(TRIPCYCLE GLOBAL RACING)が優勝し、ともに2連覇を達成した。

MTB全日本ダウンヒルは、男子が清水一輝(左)、女子が岩崎美智恵(右)、ともにゼッケン1番のディフェンディングチャンピオンが優勝し2連覇を達成 Photo: Japan Cycling Federation

 大会は新型コロナウイルス感染症対策を講じて行われ、特にダウンヒル競技の公式戦は今シーズンこのレースのみとなったため、開催を待ちに待った選手が全国から集まり、熱いライディングで盛り上がりを見せた。

 大会は翌8日に、クロスカントリー競技が開催される。

男子エリート表彰 Photo: Japan Cycling Federation
女子エリート表彰 Photo: Japan Cycling Federation

男子エリート結果

優勝:清水一輝(愛知、BLAZE A TRAIL) 2分11秒642
2位:泉野龍雅(愛知、自転車道) 2分11秒794
3位:井本はじめ(兵庫、SRAM/Santacruz) 2分13秒184

女子エリート結果

優勝:岩崎美智恵(神奈川、TRIPCYCLE GLOBAL RACING) 2分42秒967
2位:松本璃奈(長野、TEAM SCOTT JAPAN) 2分48秒454
3位:富田敬子(奈良、Acciarpone racing) 2分48秒869

この記事のタグ

マウンテンバイク

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載