ロードバイク 2021モデルのトレンド<後編>2021モデルを象徴するロードバイクは? 個性派をピックアップ

by 安井行生 / Yukio YASUI
  • 一覧

 2020~2021シーズンに登場しはじめた個性的なロードバイクたち。後編では、それらについて書いてみます。2021モデルの傾向を記した前編もあわせてご覧ください。

スペシャライズドの2台に注目

 まず影響力が大きいのはスペシャライズドが出した2台、ターマックSL7とエートスでしょう。レーシングバイクであっても刹那の切れ味よりも乗りやすさや脚当たりのよさを重視したモデルが多くなっている現在。そんななか、ターマックSL7は動的性能をなによりも重視した硬派な競技専用車として生まれました。

 「速く走りたいんならこれくらい乗りこなしてみろよ」。そう言っているような、潔いバイク。最初乗ったときはあまりの剛性に「なんじゃこりゃ」と思いましたが、距離を伸ばすうちに「速く走るためのバイク」としては一つの正解だと思うようになりました。これは、ソフトでマイルドなバイクが多い中でキラリと光る個性です。

ひたすら速く走るためのバイクとしての潔さが光る新型ターマック Photo: Shusaku MATSUO

 エートスは言わずもがな。その重量や、この時代に空力を全無視するという作りはもちろん、「レースではなく、ただ楽しいライドのためだけに」というコンセプト、それを体現する「プロ選手は使わない」というマーケティング、さらにほとんど無地のグラフィックや今までになかったカラーなど、従来のハイエンドロードバイクの概念をぶち壊す存在です。

585gという超軽量フレーム(FACT 12r カーボンフレーム56サイズ)のエートス。素朴なデザインは新たなハイエンドモデルの概念を生むかもしれない Photo: Shusaku MATSUO

 特に、「ハイエンドモデル=レース」という常識にくさびを打ち込んだのが大きい。クルマの世界は、レーシングカーと市販車は基本的に別物です。エートスを機に、ロードバイクの世界もそうなっていくかもしれませんし、そうなったほうがみんな幸せになれると思います。

ハンドル幅が調整可能なキャニオンのエアロロード

 キャニオンの新型エアロロードもとびっきり個性的でした。見た目は「クールな最新エアロロード」といった風情なんですが、コラムを分割構造とし、さらにハンドル幅を好みのサイズに調整できるという、あのハンドル周りの構造にはたまげました。あれで走りが崩壊していれば嘲笑するところですが、乗ってみるとフォークコラム&ハンドル分割構造のネガを感じないどころか、2020年現在の水準で見てもトップレベルの性能に達しています。

コラムを分割構造とし、さらにハンドル幅を好みのサイズに調整可能なエアロードCFR Photo: Shusaku MATSUO

 現状はポジションに制限があるなどの弱点はありますが、今後ステム長のサイズが選べるようになったり、ドロップ部の形状が複数用意されたりするようになれば、あの構造には未来があるかもしれません。

新たなカテゴリを生み出したサーヴェロ

 サーヴェロはコンセプトで個性化を図っています。エンデュランスロードでもグラベルロードでもコンペティティブロードでもない一台、カレドニアをリリース。もの自体はエンデュランスロードにグラベルロードの要素を入れたような存在ですが、サーヴェロはそれをモダンロードと呼び、新たなカテゴリのバイクと位置付けています。

サーヴェロのカレドニア5 ©東商会

F12のテイストを多くのモデルにスライド適用

 見た目の個性で言えばピナレロですね。トップモデルのドグマF12のテイストを、プリンスFX、プリンス、パリにそのままスライド適用し、新たなピナレロ・デザインの魅力を最大限に利用しています。もちろんこれまでもロードバイクは、「かっこよく見えるカタチ」「魅力的に見えるカタチ」を意識して設計を行っていたわけですが、ピナレロはそれをさらに推し進めたように思われます。

プリンスFXのリムブレーキ仕様(写真は参考完成車) © PINARELLO JAPAN

2022モデルに向けての注目ポイント

 これらの個性的なロードバイクたちは、メーカーが「このままじゃその他大勢の高性能バイクたちに埋没してしまう」「なにか他社と違うことをやらねば」と考えた結果でもあるだろうし、「600gを切るディスクロードフレームを作ってやる」という技術的挑戦でもあるだろうし、「新しいコンセプトで新規市場を開拓してやる」という野心でもあるでしょう。

 いずれにせよ、技術格差が小さくなり、解析技術の進歩によって「どれも似たり寄ったりになってしまう」という流れの反動だと思います。このムーブメントは今後さらに強くなるでしょう。楽しみです。

安井行生 インプレッションライダー・安井行生(やすい・ゆきお)

大学在学中にメッセンジャーになり、都内で4年間の配送生活を送る。ひょんなことから自転車ライターへと転身し、現在は様々な媒体でニューモデルの試乗記事、自転車関連の技術解説、自転車に関するエッセイなどを執筆する。今まで稼いだ原稿料の大半をロードバイクにつぎ込んできた自転車大好き人間。

この記事のタグ

ロードバイク

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載