新製品情報2020ビアンキが新型「スペシャリッシマ ディスク」を発表 軽量・高剛性な万能レーシングバイク

  • 一覧

 イタリアの自転車ブランド「BIANCHI」(ビアンキ)から2021年モデルの新型車として、「SPECIALISSIMA DISC」(スペシャリッシマ ディスク)が登場した。オールラウンダーとして再設計されたロードバイクの最高峰モデルで、ワールドツアーを転戦するプロライダーのために作られたレーシングバイクだ。

ビアンキのスペシャリッシマに新設計のディスクブレーキ版が新登場。最新のオールラウンドレーサーへと生まれ変わった © Bianchi

 スペシャリッシマ ディスクは、わずか750gの軽量カーボンディスクフレームながら、登坂路においてライダーのパワーを無駄なく路面に伝える優れた剛性も併せ持つ万能バイク。今やビアンキの代名詞ともいえるCVシステムは、ライディング中の快適性を向上させ、ダウンヒル時の操作性を高めて不安を打ち消す。また空力改善のために、オルトレエアロプラットフォーム用に考案された革新技術や、優れた統合性能、洗練された空力形状を採用。優れたオールラウンド性能を獲得している。

新設計のフルカーボンフロントフォークを採用。伝統のチェレステカラーも継続される © Bianchi

 新型ではディスクブレーキの強力な制動力に耐える、高剛性かつ最軽量なフルカーボンフォークが新たに設計。内蔵シートクランプシステムの採用で、シートチューブ上部がシンプルにまとめられたフレーム構造となり、優れたエアロ効果と高剛性、なおかつ快適性を向上させた。1.5にサイズアップされたヘッドチューブは、さらなる軽量化と剛性向上に貢献し、ACRシステムによりケーブルを内装化させることが可能だ。タイヤは700×28Cまで対応する。

シートクランプが内蔵となり見た目がシンプルになっただけでなく、空力性能や快適性も向上 © Bianchi
ヘッドチューブはサイズアップし軽量・高剛性化。電動コンポではケーブルのフル内装が可能になった © Bianchi

 完成車はカンパニョーロ、シマノ、スラムの最高峰コンポを搭載したモデルや、シマノ・アルテグラモデルを用意。フレームセット販売も行う。いずれもカラーオーダーシステム「TAVOLOZZA」(タボロッツァ、追加料金3万8000円)に対応する。

ブラックカラーは通常より80g軽い超軽量 © Bianchi

 カラーラインナップはビアンキ伝統のチェレステ、ワールドツアーに勝つために開発された超軽量のブラック、高級感あふれるグリーニッシュブルーを用意。ブラックは通常の塗装よりも80gの軽量化となる。このほか新しいビアンキカラーコンフィグレーターを使えば、自分だけのスペシャリッシマを作成可能。特別色として「シグネチャーコレクション」も用意される。

■SPECIALISSIMA DISC

ジオメトリ:レーシング
サイズ:47、50、53、55、57、59、61cm
重量:フレーム750g、フォーク370g
タイヤサイズ:最大700×28C

・フレームセット 税抜価格:580,000円
・CAMPAGNOLO SUPER RECORD EPS 12SP 税抜価格:1,580,000円
・SHIMANO DURA ACE Di2 11SP 税抜価格:1,380,000円
・SRAM RED ETAP AXS 12SP 税抜価格:1,400,000円
・SHIMANO ULTEGRA Di2 11SP 税抜価格:980,000円
・SHIMANO ULTEGRA 11SP 税抜価格:730,000円

この記事のタグ

50万円以上のロードバイクビアンキ(Bianchi)のロードバイク

50万円~ ビアンキ ロードバイク 新製品情報

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載