ロードバイク 2021モデルのトレンド<前編>エアロロードの万能化が進展、消えゆくオールラウンドモデルとの境目

by 安井行生 / Yukio YASUI
  • 一覧

 ロードバイクの最新モデルの傾向は、多くの方が気になるところではないでしょうか。2021モデルのトレンドについて、インプレッションライダーの安井行生さんに執筆いただきました。前後編の2回に分けてお届けします。

20201モデルのキーワードは「エアロロード」。トレンドを示す一例となるフェルトの「AR FRD アルティメット」 Photo: Shusaku MATSUO

2021シーズンで押さえておきたい2つの流れ

 2021シーズンのロードバイクシーンの傾向ですが、大まかには昨年書いた「ロードバイク 2020モデルのトレンド」からさほど変わっていないと思います。グラベルロードとのカテゴリ分けが曖昧になってきたエンデュランスロードはやや落ち着いた印象ですが、以下、2つの流れがさらに明確になりました。

2021モデルでさらに明確になった2つの流れ

ディスクロードのさらなる熟成
・エアロ化と画一化が進む万能モデル

 熟成期に入った感のあるエアロロードは、上述の「エアロ化が進む万能ロード」とは逆方向、すなわち「万能化が進むエアロロード」という流れになっていると感じます。

 フルモデルチェンジしたメリダ・リアクト、フェルト・AR、キャニオン・エアロードあたりは、高速巡航性だけでなく、脚当たりのいいペダリングフィールや扱いやすさも身に付けました。

フルモデルチェンジしたメリダのリアクト Photo: Shusaku MATSUO

 トレック・マドン、ルック・795ブレードRSはマイナーチェンジで積層を変更してフレームの軽量化を達成。これは、「エアロロードにも軽さは必要だ」と判断した結果でしょう。

 その「エアロ化が進む万能ロード」と「万能化が進むエアロロード」が合体してしまうというケースも出ました。スペシャライズドは、「新型ターマックでヴェンジと同等の空力性能を実現できた」と、ヴェンジを廃版にしています。これには驚きましたが、解析技術・設計技術・生産技術が向上し、空力性能・軽さ・剛性感・操縦性などを両立できるようになった現在、スペシャライズドに追従して万能ロードとエアロロードを統合するメーカーも出てくるでしょう。

新型ターマック。万能ロードとエアロロードの統合の結果といえるかもしれない Photo: Shusaku MATSUO 

エアロロードが抱える大きな課題

 ただし、エアロロードはポジションの自由度や整備性に難を抱えているものがまだ多いのも事実。ここは今後の大きな課題でしょう(近年の万能ロードにも言えることですが)。

 自転車は、サドルとハンドルのポジションをライダーに合わせて変更して体にフィットさせることが重要な乗り物です。

 ハンドル高の調整幅が狭かったり、専用ハンドル以外使えない設計だったり、ちょっとした整備のたびにケーブルを全部やり直さなければならない仕立ては、さすがにそのうち淘汰されるのではないかと思います。

 いや、「ユーザーは一切イジらない。ショップに全て任せるのが当たり前」という傾向が強くなれば、もしかしたら整備のしやすさより性能・機能を重視することになるかもしれません。しかし、ポジションの自由度を犠牲にするのは自転車として間違っています。そのうち「体を自転車に合わせる」という今の流れから「自転車を体に合わせる」というあるべき姿に戻っていくと思います。

個性を打ち出したモデルも

 さて、2021モデルで印象的なのは、個性を打ち出したモデルが出てきたことです。「ロードバイク 2020モデルのトレンド<3>」で、「個人的には、この“画一化”の流れの反動も起きると思ってます。個性を声高に主張するモデルがきっと出てくる。没個性の時代の次は個性の時代です」と書きましたが、それが早くも実現しつつあります。

 後編では、その個性的なニューモデルについて言及します。

安井行生 インプレッションライダー・安井行生(やすい・ゆきお)

大学在学中にメッセンジャーになり、都内で4年間の配送生活を送る。ひょんなことから自転車ライターへと転身し、現在は様々な媒体でニューモデルの試乗記事、自転車関連の技術解説、自転車に関するエッセイなどを執筆する。今まで稼いだ原稿料の大半をロードバイクにつぎ込んできた自転車大好き人間。

この記事のタグ

ロードバイク

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載