【Teamユキヤ通信】ジロ・デ・イタリア2020 第13ステージ新城幸也は位置取りに働き区間116位フィニッシュ 「明日は大事な個人タイムトライアル」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 バーレーン・マクラーレンの新城幸也は10月16日、第103回ジロ・デ・イタリアの第13ステージのレースを、先頭から13分20秒差の区間116位でフィニッシュした。

前日のステージのチーム総合で表彰台に上がる新城幸也(中央左) Photo: Miwa IIJIMA

 第13ステージは秋というより、冬を感じさせる寒さの中でのスタートとなった。幸い雨は降らず、選手たちは着込んでいたウェアを1枚脱ぐ程度の気候でレースは進んだ。

 全体としてはほぼ平坦の構成だったが、最後の最後で4級山岳が2回連続し、激坂区間で集団はバラバラに。チームのエース、ペリョ・ビルバオ(スペイン)は先頭集団に残り、総合3位をキープ。新城は上り以降は30人以上のグルペット(完走目的のグループ)で走り無事ゴールした。

防寒対策をしてスタートに立つ新城幸也 Photo: Miwa IIJIMA

 フィニッシュ後の新城は次のようにレースを振り返った。

 「今年のジロのステージは必ずコースに何かしら入れてきますね。今日も激坂を2つも終盤に用意してきました。20人しか先頭集団に残らず、山岳ステージさながら(苦笑)。今日も風があり、横風分裂があるといけないので、終始集団前方で位置取りをし、ペイヨ(ビルバオ)に良いポジションで上りに入ってもらい、(自分は)グルペットでゴールした。明日は総合に大事な個人タイムトライアル!」

 翌第14ステージは、序盤に4級山岳が設けられている34.1kmの個人タイムトライアルが行われる。レースの模様は日本からも、GCN Race Pass(有料アプリ)にて全21ステージを視聴可能だ。

この記事のタグ

Team ユキヤ通信 ジロ・デ・イタリア2020 新城幸也

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載