ジロ・デ・イタリア2020 第13ステージウリッシが小集団スプリントを制して大会2勝目 総合首位アルメイダは区間2位でボーナスタイム獲得

by あきさねゆう / Yuu AKISANE
  • 一覧

 ジロ・デ・イタリア2020は10月16日に第13ステージが行われ、ディエゴ・ウリッシ(イタリア、UAE・チームエミレーツ)が小集団スプリントを制して大会2勝目となるステージ優勝を飾った。マリアローザを着るホアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥクーニンク・クイックステップ)もスプリントに挑み、ウリッシにわずかに及ばず区間2位となるも、ボーナスタイムを獲得して総合リードを拡大した。

終盤の上りで絞り込まれた小集団によるスプリント勝負を制したディエゴ・ウリッシ Photo: Yuzuru SUNADA

終盤にパンチ力のある上り2ヶ所

 第13ステージはチェルヴィアからモンセリーチェまでの192kmで争われた。道中はほとんどが平坦路であるが、終盤に2つの4級山岳の上りが待ち構えるミラノ〜サンレモのようなコースレイアウトとなっていた。

スタート前の4賞ジャージ着用者たち Photo: Yuzuru SUNADA

 しかし、残り30km地点のイル・ロッコロは登坂距離4.1km・平均勾配8.3%で最大勾配は20%に達する激坂で、残り16km地点のカラオーネは登坂距離2.1km・平均勾配9.8%となっており、上りの厳しさはミラノ〜サンレモ以上。ピュアスプリンターにとってタフな上りを耐えることができるのかどうかが注目ポイントだった。

 レースはスタートして、しばらくしてからジョフリー・ブシャール(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアール)、シモン・ペロー(スイス、アンドローニジョカトリ・シデルメク)、シモーネ・ラヴァネッリ(イタリア、アンドローニジョカトリ・シデルメク)、ロドリゴ・コントレラス(コロンビア、アスタナ プロチーム)、アレッサンドロ・トネッリ(イタリア、バルディアーニ・CSF・ファイザネ)、ハーム・ファンフック(ベルギー、ロット・スーダル)、ロレンツォ・ロータ(イタリア、ヴィーニザブ・KTM)の7人の逃げが決まった。

逃げに乗った7人の選手たち Photo: Yuzuru SUNADA

 ボーラ・ハンスグローエとイスラエル・スタートアップネイションがコントロールするメイン集団からはタイム差は許容されず、最大3分、概ね2分程度にコントロールされていた。

 2つある中間スプリント地点はペローが先頭通過。中間スプリント賞、敢闘賞のランキングで首位に立った。

 イル・ロッコロの上りに入ると、ボーラ・ハンスグローエがメイン集団をペースアップ。マリアチクラミーノを着るアルノー・デマール(フランス、グルパマ・エフデジ)は集団後方で苦しむ姿が見られ、エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、コフィディス)らと共に集団から脱落してしまった。

 先頭ではブシャールとトネッリが抜け出し、メイン集団に対して30秒差で山頂に到達。デマールとヴィヴィアーニのグループはメイン集団からさらに50秒ほど遅れて山頂を通過した。

UAEのチームワークでウリッシを勝利に導く

 しかし山頂を越えると、グルパマ・エフデジのアシストが全開で遅れたデマールをけん引。次の上りが始まるまでにメイン集団に追いつくことができた。

 カラオーネの上りに入ると、前日にステージ優勝を飾ったジョナタン・ナルバエス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)が先頭で加速。それを引き継ぐ形でヴァレリオ・コンティ(イタリア、UAE・チームエミレーツ)が継続してペースアップを図る。

中間スプリントで1点を獲得し、最終的にはサガンとの差を拡大したデマール Photo: Yuzuru SUNADA

 コンティに発射されるような形で、ウリッシがアタック。この動きによってデマールらピュアスプリンターだけでなく、サガンやスウィフトといった上りに強いスプリンター陣も遅れを喫した。

 ウリッシの攻撃はアルメイダ自ら率いる集団に引き戻されたものの、ペースの上がったメイン集団に、残っていた2人の逃げが吸収される。

 続いてテイオ・ゲイガンハート(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)がアタック。マリアアッズーラのルーベン・ゲレイロ(ポルトガル、EFプロサイクリング)が追従すると、ゲレイロがゲイガンハートをかわして、山頂を先頭通過。

チームメートのアシストを受けながら集団内を走行するアルメイダ Photo: Yuzuru SUNADA

 アルメイダを含む総合勢を中心とした先頭集団から、15秒ほど遅れてサガンのいる集団が通過。デマールはさらに遅れて、先頭から50秒ほど差が開いていた。

 先頭集団はドゥクーニンク・クイックステップがファウスト・マスナダ(イタリア)、ジェームズ・ノックス(イギリス)を中心に集団をけん引。サガンの集団はベン・スウィフト(イギリス)を擁するイネオス・グレナディアーズが中心となりけん引するも、差が縮まらない。勝負は先頭集団の総合勢を中心としたスプリント勝負へと持ち込まれた。

 コンティとミッケル・ホノレ(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ)がリードアウトを担い、ウリッシとアルメイダがスプリント開始。さらにパトリック・コンラッド(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)が加わり、3人が横一線に並んでフィニッシュラインに到達。

コンラッド、アルメイダ、ウリッシが横並びのままハンドルを投げながらフィニッシュ Photo: Yuzuru SUNADA

 わずかな差でウリッシが先着し、第2ステージに続く大会2勝目を飾った。アルメイダは区間2位に入り、ボーナスタイムを獲得。2位に対して6秒だが、総合成績を拡大することに成功した。

ジロ通算8勝目を飾り、両手で「8」をアピールするウリッシ Photo: Yuzuru SUNADA
マリアローザを着ながらも積極性が光るアルメイダ Photo: Yuzuru SUNADA

 翌第14ステージはコネリアーノからヴァルドッビアデーネまでの34.1kmの個人タイムトライアルで争われる。コースは概ね平坦であるが、7km地点には登坂距離1.1kmながら平均勾配12.1%の激坂、28.5km地点には登坂距離2.2km・平均勾配5.4%の上りが設定されており、それなりにアップダウンのあるレイアウトになっている。

第13ステージ結果
1 ディエゴ・ウリッシ(イタリア、UAE・チームエミレーツ) 4時間22分18秒
2 ホアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥクーニンク・クイックステップ) +0秒
3 パトリック・コンラッド(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)
4 テイオ・ゲイガンハート(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)
5 ミッケルフレーリク・ホノレ(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ)
6 セルジオ・サミティエル(スペイン、モビスター チーム)
7 ヤコブ・フルサン(デンマーク、アスタナ プロチーム)
8 ペリョ・ビルバオ(スペイン、バーレーン・マクラーレン)
9 ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、トレック・セガフレード)
10 ジェイ・ヒンドレー(オーストラリア、チーム サンウェブ)
116 新城幸也(日本、バーレーン・マクラーレン) +13分20秒

個人総合(マリアローザ)
1 ホアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥクーニンク・クイックステップ) 53時間43分58秒
2 ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、チーム サンウェブ) +40秒
3 ペリョ・ビルバオ(スペイン、バーレーン・マクラーレン) +49秒
4 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、NTTプロサイクリング) +1分3秒
5 ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、トレック・セガフレード) +1分7秒
6 パトリック・コンラッド(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ) +1分17秒
7 ジェイ・ヒンドレー(オーストラリア、チーム サンウェブ) +1分25秒
8 ラファウ・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ) +1分27秒
9 ファウスト・マスナダ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ) +1分42秒
10 ヤコブ・フルサン(デンマーク、アスタナ プロチーム) +2分26秒
94 新城幸也(日本、バーレーン・マクラーレン) +1時間53分28秒

ポイント賞(マリアチクラミーノ)
1 アルノー・デマール(フランス、グルパマ・エフデジ) 221 pts
2 ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)184 pts
3 ホアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥクーニンク・クイックステップ) 78 pts

山岳賞(マリアアッズーラ)
1 ルーベン・ゲレイロ(ポルトガル、EFプロサイクリング) 87 pts
2 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、ヴィーニザブ・KTM) 76 pts
3 フィリッポ・ガンナ(イタリア、イネオス・グレナディアーズ) 45 pts

新人賞(マリアビアンカ)
1 ホアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥクーニンク・クイックステップ) 53時間43分58秒
2 ジェイ・ヒンドレー(オーストラリア、チーム サンウェブ) +1分25秒
3 ブランドン・マクナルティ(アメリカ、UAE・チームエミレーツ) +2分45秒

チーム総合
1 イネオス・グレナディアーズ 61時間11分31秒
2 ドゥクーニンク・クイックステップ +7分12秒
3 チーム サンウェブ +8分35秒

この記事のタグ

UCIワールドツアー ジロ・デ・イタリア2020 ロードレース

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載