雪上を快走! ファットバイクが広げる自転車の魅力

  • 一覧
サルサの2013年ニューモデル「BEARGREASE」で雪上を快走!

 新潟県津南町で3月2日(土)に開かれた「津南雪まつり」の会場で、スノーボード競技やステージイベント、露天市などとともに「ファットバイク無料試乗会」が行われました。

 主催したのは、地元の自転車愛好家らによる「つなんバイシクルクラブ」。サイクルショップではなく、クラブチームが自転車を借りてきて試乗会を行う心意気がすばらしいですね。

 ファットバイクとは、ファット(極太)タイヤのマウンテンバイク(MTB)のこと。通常のMTBよりもずっと太くて柔らかいタイヤを装着することで、舗装路、悪路、雪上など場所を選ばず高い踏破性を発揮します。試乗会では、大人も子供もファットバイクを乗り回して存分に楽しんでいました。

 会場で「Cyclist」編集長がお借りしたのは、アメリカンブランド「Salsa」(サルサ)の2013年モデルにラインナップされた「BEARGREASE」。軽さと速さが自慢で、雪上にも強く、すぐにでもレースに出場できるほどのハイスペックモデルです。価格も32万5500円と本格的。ほかに、ファットバイクの本家として有名な「Surly」(サーリー)のバイクも貸し出されていました。

 雪の上を自転車で走るのは初めてでしたが、実際に乗ってみると、驚くほど違和感なくスムーズに進みました。バイク自体は見た目よりも軽く感じられたうえ、ダンシングで強く踏み込んでも後輪が滑る気配はなく、ちょっとした上り坂や下り坂を攻めても安定感は変わりません。よく効くディスクプレーキのおかげで減速も不安なし。ただ、圧雪、新雪、アイスバーンでそれぞれグリップの限界は異なるので、路面コンディションには注意が必要です。

 この日は大量の降雪や強風により、津南雪祭りは夕方に中止されてしまいましたが…ファットバイクを各地のスキー場でレンタルできれば、真冬に自転車の新しい楽しみ方を提案できるのでは? そんな可能性を感じた試乗会でした。(上)

「サルサ」の詳細(モトクロスインターナショナルHP)

「サーリー」の詳細(モトクロスインターナショナルHP)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サーリー サルサ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載