参加エントリーの受付を開始今年の「御神火ライド」はオンラインで11月28日に開催 バーチャルサイクリングやトークショーなどを実施

  • 一覧

 バーチャルライドアプリを使って東京・伊豆大島を走るオンラインイベント「御神火(ごじんか)DONATION e-Ride」と「御神火ライドオンライン」が11月28日(土)に開催される。 大会公式ウェブサイトが10月15日にオープンし、参加エントリーの受付を開始した。例年、伊豆大島を一周する「伊豆大島御神火ライド」として『Cyclist』がプロデュースしてきたが、今年は新型コロナウイルス感染防止の観点からオンラインでの開催に変更した。

「御神火ライド」が11月28日にオンラインで開催される ©伊豆大島御神火ライド2020実行委員会

参加者全員に1500円相当の特産品をプレゼント

 午後7時からの「御神火DONATION e-Ride」は、 バーチャル サイクリングサービス「FulGaz」(フルガス)を使い、雄大な島の自然と青い海を感じながら島を一周する御神火ライドのコースの一部(約11km)を実写で仮想現実化。バーチャルグループライドを実施する。

地層が630mほど続く「地層大切断面」 Photo: Kenta SAWANO

 「御神火」とは、伊豆大島の中央にある三原山火口から噴き出す炎のこと。三原山や地層の断面、海岸線などの自然が生み出す風景も見どころの一つだ。参加費は3000円で、参加者全員に「伊豆大島応援BOX」として1500円相当の伊豆大島の特産品などを大会前日までに送付する。

 参加者は「FulGaz」のアカウント(無料)を取得し、専用のコードでグループライドに参加する。12月2日まで「FulGaz」を自由に使用できる。

「FulGaz」で地層大切断面~筆島までの11kmを楽しめる © FulGaz

 ゲストには『Cyclist』の連載で人気の栗村修さんと、坂バカ俳優・猪野学さんを招き、2人はスタジオでグループライドにも参加する。ライド終了後はゲスト陣への質問コーナーも設け、トークに花を咲かせる。イベントは「PIA LIVE STREAM」で配信する。

2018年の御神火ライド後夜祭のトークショーでも盛り上げてくれた栗村修さん(写真右)と猪野学さん Photo: Kyoko GOTO

 午後8時半からの「御神火ライドオンライン」は、ゲストのトークショーや、島民による演舞などを配信。 伊豆大島の宿泊券など豪華景品が当たるキャンペーンも実施しながら、“自転車パラダイス”伊豆大島の魅力と元気を余すところなくオンラインで発信する。視聴無料で「YouTube」で配信する。

御神火 DONATION e-Ride

開催日時:2020年11月28日(土)19:00~20:30
配信先:PIA LIVE STREAM
参加費:3,000円(税込)
※参加者には1,500円相当の伊豆大島特産品等が詰まった「応援ボックス」を郵送
コース:地層大切断面~筆島 約11km

御神火ライドオンライン

開催日時:2020年11月28日(土)20:30~22:00
配信先:YouTube内「サイクリストTV
参加費:無料
ゲスト:栗村修、猪野学ほか(調整中)

この記事のタグ

イベント 伊豆大島御神火ライド2020

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載