バイクインプレッション2020軽い、速い、楽しいの全てを実現 スペシャライズド「エスワークス エートス」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 スペシャライズドから衝撃的なバイクが発表された。「エスワークス エートス」のフレーム重量は驚きの585g(56サイズ)。これまでにも軽量バイクのインプレは数多く掲載してきたが、ライドフィールを重視したというエートスの乗り味はいかほどか、実走したレビューをお届けする。

スペシャライズド「エスワークス エートス」 Photo: Masami SATOU

“普通のパーツ”でアンダー6kgが可能に

 世間では空気抵抗を削減したエアロデザイン、コントロール性に優れたディスクブレーキや、それに伴う機構が評価の中心となっている。毎年のように各社から軽さをウリにしたハイエンドモデルが発表されていた時代が懐かしい今日この頃、エートスの登場に驚いた。

 軽さの競争はひと段落ついていた。理由の一つとして、注力していたハイエンドモデル=プロが用いるレースバイクであるわけで、UCIが規定する最低車両重量6.8kgを下回ってしまえばレースには出場できない。現在、最上位モデルに最上位コンポーネントを装着すれば、この数字に近づけることは容易い。むしろ、下回ってしまう可能性もあり、それなればエアロ化に舵を切った方がいい。

 しかし、大胆なエアロフレームは速さと引き換えに、剛性のコントロールが難しくなる。乗り手が感じる気持ちいいの良いペダルフィーリングと、空気抵抗を軽減した設計は相容れないものでもある。

控えめなロゴが存在感を放つ Photo: Masami SATOU

 エートスは6.8kgルールに縛られることなく、ロードライドを楽しむモデルとしてデビューした。ヘッドやトップチューブには円状、ダウンチューブには円錐形状に設計。素材には最上位のカーボンFact 12rを採用し、剛性と軽さを両立した結果、完成車で5.9kg(エスワークス エートス ファウンダーズエディション)という車重を実現した。これがディスクブレーキ仕様ということにも驚きである。

 外見は非常にシンプルで、ヘッドチューブのブランドと車名、トップチューブ以外にロゴは描かれていない。落ち着いたブラウンメタリックカラーが上品な印象を醸し出している。

全体的に円形、円錐形状のチューブを採用 Photo: Masami SATOU
フレームの素材にはスペシャライズドのハイエンドカーボンFact 12rを使用 Photo: Masami SATOU

 はやる気持ちを抑えつつ、エートスに跨ると、ペダルを漕ぎ出す前からその軽さを実感することができた。いざ踏み込むと笑うほど軽い。これまでに超軽量と称されるバイクをいくつも乗ってきたが、全くの別物である。車体のどこにも無理がないのだ。

純粋なロードバイク体験を提供

 シートポストやリムブレーキキャリパーなど超軽量パーツを合わせた超軽量バイクは、乗ってみると妥協点を見つける必要がある。「まぁ軽さと引き換えに、ここは我慢するか」と。エートスにはそれがない。コンポーネントは全てRED e-TAP AXSに統一されており、純正の油圧ディスクブレーキだ。握り込んでも制動力不足になることはなく、フォークもそれに耐える。Fact 12rで構成されたフレームからは踏み込んでも華奢な印象は感じられない。持って軽いだけでなく、乗っても軽い。「軽い」「速い」「楽しい」のうち、これまでに2つ実現した車種は多くあったが、エートスは全ての要素を含んでいる。ロードバイクに初めて乗った時の感動を再び味わったように思える。

「速さ」、「軽さ」、「楽しさ」の全てを両立し、極上のライドフィーリングを実現していた Photo: Masami SATOU

 これだけ楽しさがあれば、ソロライドでも退屈しないだろう。とはいえ、この軽さは間違いなく速さに直結するので、6.8kgルールを気にする必要のないヒルクライマーにとっては武器になるはず。

 誤解のないように申しておくが、ロードレースにおいて総合的に速いのはターマックである。エアロ性能と高い運動性能は、集団で競い合うシチュエーションにとって有利に働く。実際、ガツンとパワーをかけた時の踏ん張り具合はターマックに軍配が上がる。

 しかし、レースだけが自転車の全てではない。純粋にロードバイクを楽しみたいというサイクリストにとって、軽さとフィーリングを重視したエートスはベストな選択肢の一つである。

■スペシャライズド「Sワークス エートス」

税抜価格:1,320,000円(e-Tap AXS完成車)
サイズ:49 、52、54、56、58、61
フレーム重量:585g(56サイズ)

松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

この記事のタグ

スペシャライズド バイクインプレッション

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載