【Teamユキヤ通信】ツール・ド・ランカウイ第10ステージ新城「順調なシーズンのスタート」 今年はミラノ〜サンレモに出場

  • 一覧

 新城幸也(チーム ヨーロッパカー)が出場しているツール・ド・ランカウイは最終の第10ステージを迎えた。直前2ステージで連勝しているヨーロッパカー勢には、3連勝の期待がかかる。

最終日のスタート前。チームの連勝に向け、いつもより真剣な面持ちで準備をする新城最終日のスタート前。チームの連勝に向け、いつもより真剣な面持ちで準備をする新城

【第10ステージ詳報】最終ステージはキッキが制する NIPPOのアレドンド・モレノが超級レース総合優勝の金星

 マレーシアの東、トレンガヌ市街地がゴールの舞台。途中、いくつかの逃げができるものの、チームヨーロッパカーが2連勝中のスプリンター、ブライアンのために積極的にコントロール。大きな集団のまま最終周回に入った。

 新城らはいつもの通りスプリントに備えゴールに備えるが、この日は他チームのブライアンに対するマークが厳しく、チームの連携を阻止しようという動きがみられた。進路がうまく確保することができなかった新城とブライアンは、集団中ほどに取り残されたままのゴールとなった。

この日もブライアンを守りながら、トレンガヌの海岸線を走る新城この日もブライアンを守りながら、トレンガヌの海岸線を走る新城

 「今日はうまくいかなかったなぁ〜」とゴール直後の新城。「チームのみんな頑張って働いていたから、最後も結果を残したかった」と納得のいかない表情で語っていたが、自らの事に関しては、やはり大会を通して好調ぶりを実感しているようだ。

 「自分にとっては最後まで調子よく走れたし、チームに合流して最初のレースで2勝できたし、すごく良い雰囲気の中で走ることができたことに満足しています。順調にシーズンのスタートを切ることができたと思います」

 最終ステージを38位、総合25位で終えた新城は、その日のうちに日本に帰国。4日間の日本滞在の後に渡仏し、フランスで数レースを走った後、本人の希望であった、ミラノ〜サンレモに出走する予定だ。

(レポートと写真 飯島美和)
 

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・ランカウイ 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載