チームがかみ合わず“全滅”に與那嶺恵理はフレーシュ・ワロンヌ女子で50位 アムステル中止決定の報には「がっくり」

  • 一覧

 アレ・BTCリュブリャナの與那嶺恵理が9月30日、ベルギーで開催されたUCI女子ワールドツアー「フレーシュ・ワロンヌ」に出場し50位で完走した。チームの戦術がかみ合わず悔しいレースに。また10月10日に開催予定だったアムステル・ゴールド・レースの中止が決定、“地元レース”だっただけに與那嶺は落胆をみせている。

世界選手権21位と好調から臨んだアルデンヌ初戦だが苦い結果に Photo: Anton Vos

 本来は4月に行われるアルデンヌクラシックのレースが、コロナ禍の影響で今年は秋の開催。與那嶺が得意とする、シーズン中でも最重要の一つに位置づけるワンデーレースの連戦が始まった。フレーシュ・ワロンヌはゴール前にそびえ立つ激坂「ユイの壁」での最終決戦を軸に、各チームが位置取りと駆け引きを激しく繰り広げるレースだ。

 與那嶺らアレ・BTCリュブリャナは上りを得意とするマビ・ガルシア(スペイン)をエースに臨んだが、レース後半の混戦の中でガルシアが集団内で遅れ、アシストのフォローも遅れたことで上位進出のチャンスを逃した。道中で動いて消耗したという與那嶺は最終局面に残れず、トップから7分13秒差でゴールした。

 さらにレース後、アルデンヌクラシック3大レースのひとつ、アムステル・ゴールド・レース中止の報が届けられる。現在オランダ在住でコースが自宅の目の前を走るという與那嶺にとっては、“地元レース”であり大きな目標。二重に失望の一日となってしまった。與那嶺の次戦は10月3日、ベルギーで「ブラバンツ・パイル」に出場する予定。

 與那嶺のコメントは以下の通り。

 残念ながらチームは全滅。とても残念。世界選手権の良い流れで臨みたかったのですが…。

 アルデンヌクラシックの開幕。そしてレース後、本当に楽しみにしていた地元のアムステルゴールドがキャンセル。もう何がなんだか…。本当にがっくり…。

スタート前の與那嶺恵理(中央)。チームメートのマビ・ガルシア(左)、昨年のチームメートのソラヤ・パラディン(右)と Photo: Kyosuke TAKEI

 9月最終日にフレーシュ・ワロンヌ。変な感じ。Huy(ユイ)の激坂を上ります。コースは昨年と少し変更。どちらにせよキツイ。天気は晴れて雨が降って曇って。らしい天気です。スタート前のオーダーはMavi(マビ・ガルシア)のフォローと、逃げに誰かが乗ること。

 スタートからワールドツアーの位置取り。慣れた覚えているコースでレースを進めます。路面が滑りやすく、Maviがちょこちょこ遅れるのでフォローしながら、前ではHuyに向けてのドンパチが始まって、アタックのフォローを続けました。

 逃げが出来たり、自分もフォローしながら逃げを作ろうとしたり。しかし、頑張って動いて吸収された直後に10人ほどのカウンターが決まってしまい、やれやれの展開。他のチームメートは乗らず。うーん。

 展開が激しくなってきて、自分も調子に乗りすぎたかなと。滑りやすい下り路面でMaviが遅れてしまい、気づかず…。

 Huyの前にMaviを戻しきれず、はぐれてしまいました。どこだろう…。自分も消耗した状態で30人ほどのメイン集団でHuyの激坂に突入。Maviを待ちながらでしたが、チームメートの皆さん、先に行ってしまって…。今日は全然上れません。悲しい。

 上り切ってゴールを過ぎ、ズブズブと。フィード過ぎ、武井コーチに「Eri !!!」っと応援を受けるのですが、もう一杯。そうしたらMaviが後ろから「Eri !」と帰ってきました。後は引いて引いて。一歩でも前に。

動いたものの良い結果にはつながらなかった Photo: Kyosuke TAKEI

 Maviを送り出した後は何もできず、小周回を終えHuyをもう一度ズブズブと上りゴール。

 はぁ、何をしに来たんだろうか…。

 チームは誰もトップ10に送り込むことができず…。エースのために、で上手くまとまって戦いたいのですが…。

 そしてレース後はお約束の武井コーチとの激論。アルディッシュに続いて二度目の動きすぎの自爆と言われてしまいました。

 けど私は隠れて自分の力を貯めて自分の順位も狙う。そんな器用なレースをすることができないです。どうしましょう。

 次のレースはアムステルゴールドだったのですが、この日のレース後キャンセルが決定。翌週、水曜日のベルギークラシック Brabantse Pijl の予定です。

 困りました。

全てを力に変えて
與那嶺 恵理

この記事のタグ

UCI女子ワールドツアー 女子ロードレース 與那嶺恵理

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載