パーク男子エリートは中村輪夢が予選トップ全日本BMXフリースタイル選手権、フラットランド種目は佐々木元と石﨑光紗季が連覇

  • 一覧

 岡山市で9月20日、日本自転車競技連盟(JCF)が主催する第4回全日本BMXフリースタイル選手権が開幕した。初日はフラットランド種目の決勝が開催され、男子エリートで佐々木元、女子エリートでは石﨑光紗季が優勝し、ともに2連覇を飾った。

全日本BMXフリースタイル選手権、フラットランドでは男子エリートで佐々木元(左)、女子エリートで石﨑光紗季(右)が優勝 Photo: Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

 新型コロナウイルス感染症の影響により、主要大会の中止が続く中、国内自転車競技では今年最初となる全日本選手権の開催となった。感染防止対策が施されたパーク会場(岡山市役所)、フラットランド会場(イオンモール岡山)の両会場で は、全国から集まった選手の熱いライディングで盛り上がりを見せた。

男子エリートを2連覇した佐々木元 Photo: Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

 予選を勝ち抜いた8人で争われたフラットランド男子エリート決勝は、佐々木元が高難度なトリックを繰り出して優勝。試合後は「急遽大会開催が決まり緊張する日々が続いたが、無事にタイトルを守り抜くことができてホッとしている。選手の声を取り入れた大会運営にも感謝」と喜びのコメント。

女子も石﨑光紗季が2連覇 Photo: Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

 女子エリート決勝は、昨年のUCI アーバン世界選手権にて銀メダルを獲得した石﨑光紗季が、安定したライディングを見せ、こちらも2年連続でのタイトルを獲得した。石崎は「今シーズンは大会中止が続き、長期の練習期間を得ることで新技の練習に取り組めたが、短期間で大会用にコンディションを整えるのが大変だった」と、2連覇に安堵した様子でコメントした。

男子エリートの上位3人 Photo: Naoki Gaman / Japan Cycling Federation
女子エリートの上位2人 Photo: Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

 フリースタイルパーク種目は男子エリートの予選が行われ、ディフェンディングチャンピオンで東京五輪代表にも選ばれている中村輪夢がトップ通過。上位8人が21日の決勝へ進出している。パーク決勝はYouTubeでライブ配信も行う。

フラットランド男子エリート決勝

優勝:佐々木元(鎌ケ谷功業)
2位:漢那史哉
3位:早川起生

フラットランド女子エリート決勝

優勝:石﨑光紗季
2位:舩津絵里

パーク 予選映像(ライブ中継ハイライト)

この記事のタグ

BMXフリースタイル

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載