【Teamユキヤ通信】ジロ・デルアッペンニーノ連日逃げの新城幸也、先頭集団で15位完走 世界選に向け「良い感触をつかめた」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 バーレーン・マクラーレンの新城幸也は9月19日、イタリアで開催されたUCI1クラスのワンデーレース「ジロ・デルアッペンニーノ」に出場し、途中逃げ集団に乗る走りを見せつつ、トップと同タイムの先頭集団で15位フィニッシュした。

連日先頭集団で逃げる新城幸也 Photo: Bettini Photo

 イタリア・ワンデーレース3連戦のラストとなるのは、イタリア半島中部のアペニン山脈を舞台に開催され、今年で第81回を迎える歴史ある大会。5つの山岳ポイントに、7つのスプリントポイントが設けられた191kmで行われた。

 新城は17日のコッパ・サバティーニに続き、またしても逃げに乗る積極的な走り。逃げは集団に吸収されるも新城は先頭集団で粘り、エースのエンリーコ・バッタリーン(スペイン)を8位に送り込みつつ、自身もトップ20以内でのフィニッシュ。UCIポイントを5点獲得し、東京オリンピック代表選手選考ポイントを15点加算した。

 ゴール後の新城は次のようにレースを振り返った。

 「今日も逃げに乗ることが1つの目的だったのだが、なかなか逃げが決まらなかった。何度、動いたか分からないぐらい動いた。結局、60km地点の最初の山岳ポイントでやっと決まった」

 「このレースは120km地点から始まる8kmの上りが鍵となる。上り口から勾配がキツイ。(メイン集団と)3分差で上り始めたが、5kmぐらい上ったところでメイン集団からアタックがかかり、そこで逃げは吸収、それからが追い込んだ(笑)」

最後まで全力を尽くす新城幸也 Photo: Bettini Photo

 「上りで遅れては、下りで追い付いての繰り返しで、40人程の先頭集団に残った。そして最後はバッタリーンのスプリントに向けて、位置取りをしてスプリント勝負になった。やはり、逃げていたので、脚は残っておらず15位だったが、ゴールまで全力で頑張ることができて良かった。次戦の世界選手権に向け、良い感触をつかむことができて良かった」

 新城の次戦は1週間後、27日にイタリア・イモラで開催される、ロード世界選手権となる。

この記事のタグ

Team ユキヤ通信 ロードレース 新城幸也

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載