【Teamユキヤ通信】コッパ・サバティーニ新城幸也が終盤まで逃げ、吸収後も仕事しエースが7位 「良いパフォーマンスができた」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 バーレーン・マクラーレンの新城幸也は9月17日、イタリアで3大会連続で行われるワンデーレースの2戦目として「コッパ・サバティーニ」(UCI1.Pro)に出場し、終盤まで5人の逃げ集団で先行する走りで存在感を見せ、68位で完走した。

先頭で丘を駆け上がる新城幸也 Photo: Bettini Photo

 コッパ・サバティーニは、トスカーナ州ピサ県の小さな村ペッチョリで開催される、60年近い歴史をもつ大会。21kmの大周回を7回、12kmの小周回を5周するコースは、平均勾配が約10%、12%、6%の丘が11回繰り返され、一つ丘を越えるとまた次の激坂という210km。

 新城はチームのエース、エンリーコ・バッタリーン(イタリア)をサポートする役割でスタートしたが、レース展開の巡り合わせから、逃げに乗ることになったという。

 「バッタリーンのサポートの予定だったのだが、スタートから激しいレースとなり、逃げに乗るはずだった選手の手伝いのために動いていたが、結果、自分が逃げに乗ることになってしまった」

ステージで紹介される新城幸也が手を上げて応える Photo: Bettini Photo

 逃げ続けた新城らは、最終周回に入るところでついにメイン集団へと吸収。新城はその後も集団内でバッタリーンのポジションを上げるため、ラスト5kmでも集団先頭で仕事をこなして、エースに勝負を託した。丘を駆け上がってからのゴールスプリントで、バッタリーンは7位とトップ10に入る結果。新城は最後は集団から離れ、先頭から2分9秒遅れてゴールした。

 「調子も良かったし、コースもキツかったし、結果逃げて良かった。残り2周で逃げ切りは難しいと思ったので、追い付かれてからの事も考えて走った。自分自身の成績には繋がらなかったが、昨日の詰まりが取れて良いパフォーマンスができて良かった。バッタリーンもトップ10に入ったし、また土曜日も頑張ります。土曜日のレースはもっとキツイコースらしいけど…(苦笑)」

 新城は19日、イタリア3連戦のラストとなる「ジロ・デルアッペニーノ」(UCI1.1)に出場する。アペニン山脈を舞台に行われ、こちらも80年以上の歴史を誇る伝統ある大会だ。

この記事のタグ

Team ユキヤ通信 ロードレース 新城幸也

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載