ツール・ド・ランカウイ2013 第9ステージ礼拝日のショートステージ コカールが集団スプリントを制して2連勝

  • 一覧
第9ステージのコースプロフィール ©Tour de Langkawi第9ステージのコースプロフィール ©Tour de Langkawi

 マレーシアで開催中の「ツール・ド・ランカウイ」は1日、パシプティ~クアラバランの123.6kmで第9ステージが争われ、ブリアン・コカール(フランス、チーム ヨーロッパカー)が大集団でのゴールスプリントを制してステージ2連勝を飾った。総合成績ではジュリアン・アレドンド・モレノ(コロンビア、チームNIPPO・デローザ)がリーダージャージを守っている。

スプリントで驚異的な伸びを見せたコカールがステージ2連勝スプリントで驚異的な伸びを見せたコカールがステージ2連勝

 イスラム教の安息日であるこの日、スタッフ・選手達が礼拝に行く時間を考慮して、スタートは午前9時へと早め、午前中にレースを終える。

 そのため、選手たちは午前5時過ぎに起床し、寝ぼけまなこで会場にやってきた。 平坦基調で距離の短いステージに向けて、佐野淳哉(ヴィーニファンティーニ・セッレイタリア)は「有力な逃げは行かさず、決まってもスプリンターで勝負したいので、きっちりコントロールに加わりたい」と語った。

レース前の新城幸也。隣に座るコカールを強力にアシストするレース前の新城幸也。隣に座るコカールを強力にアシストする

 これまでの激しい戦いを物語るかのように、綾部勇成(愛三工業レーシング)をはじめ、ルーク・ダルブリッジ(オーストラリア、オリカ グリーンエッジ)、シリル・ゴティエ(フランス、チーム ヨーロッパカー)ら6選手が体調不良を訴えてスタートラインに立てず、レースには118選手が臨んだ。

 スタート後すぐにアタックが多発するが、ことごとくチームNIPPO・デローザがつぶしにかかる。スピードレースが繰り広げられる中、落車も何度か起き、レースは荒れ模様。スティール・ヴォンフォフ(ガーミン・シャープ)をはじめ欧州プロチームに所属する3人がレース中にリタイアした。

 40km付近、アジア人2人による逃げが決まるが、メイングループはタイム差を3分以内にコントロールしてレースを進める。総合首位のチームNIPPO・デローザ、それにステージ優勝を狙いたいヴィーニファンティーニ・セッレイタリアとチーム ヨーロッパカーが隊列を組んで進んでいく。それぞれのチームでアシストを務める福島晋一、佐野、新城幸也は力強い走りをみせた。

順調に進むメーン集団順調に進むメーン集団

 残り20kmを過ぎ、メイン集団は逃げグループをきっちりと吸収。集団スプリントへと突入していった。この日の主役は、前日に続いてブリアン・コカール。チーム ヨーロッパカーの隊列から、残り200mでひとり飛び出すと、前日よりもさらに末脚鋭く、他を寄せ付けない完璧なスプリントをみせつけた。

 

【映像提供:シクロチャンネル】 
 

 コカールのために残り1kmで集団内の位置取りをしていた新城は落車に巻き込まれ、西谷泰治もそれに突っ込む形で落車した。2人ともすり傷程度で大事にはいたらないようだが、翌日は様子をみて最終ステージ出場の可否を判断するという。
 
(取材・シクロチャンネル 写真・砂田弓弦)

 

第9ステージ結果
1 ブリアン・コカール (フランス、チーム ヨーロッパカー) 2時間42分11秒
2 フランチェスコ・キッキ (イタリア、ヴィーニファンティーニ・セッレイタリア)
3 アラン・デイヴィス(オーストラリア、オリカ グリーンエッジ)
4 レイモンド・クレダー (オランダ、ガーミン・シャープ)
5 ファビアン・シュナイト(チャンピオンシステム プロサイクリング)
6 ジェイコブ・キーオ(アメリカ、ユナイテッドヘルスケア)
7 アヌア・マナン(マレーシア、シナジー・バク サイクリング)
8 パク・スンベク(韓国、KSPO)
9 リコ・ロジャース(ニュージーランド、シナジー・バク サイクリングプロジェクト)
10 ホセイン・ノテギ (イラン、タブリーズ・ペトロケミカル チーム)

12 福田真平 (愛三工業レーシングチーム)
74 伊藤雅和 (愛三工業レーシングチーム)
77 石橋学 (チームNIPPO・デローザ)
87 福島晋一 (チームNIPPO・デローザ)
90 中島康晴 (愛三工業レーシングチーム)
91 盛一大 (愛三工業レーシングチーム)
92 佐野淳哉 (ヴィーニファンティーニ・セッレイタリア)
110 新城幸也 (チーム ヨーロッパカー) +2分49秒
111 西谷泰治 (愛三工業レーシングチーム)
115 徳田鍛造 (チームNIPPO・デローザ) +4分5秒
DNS 綾部勇成 (愛三工業レーシングチーム)

個人総合成績
1 ジュリアン・アレドンド・モレノ (コロンビア、チームNIPPO・デローザ)  32時間14分03秒
2 ピーター・ウェーニング (オランダ、オリカ グリーンエッジ) +1分15秒
3 セルジョ・バルディリャ (スペイン、MTNキュベカ) +2分10秒
4 ピーター・ステティナ (アメリカ、ガーミン・シャープ) +2分32秒
5 ワン・メイエン (中国、ハンシャンサイクリングチーム) +2分40秒
6 ネイサン・ハース (オーストラリア、ガーミン・シャープ) +2分47秒
7 フォルッナート・バリアーニ (イタリア、チームNIPPO・デローザ) +2分49秒
8 ジョン・エブセン (デンマーク、シナジー・バク サイクリング) +2分55秒
9 ツガブ・グルメイ (エチオピア、MTNキュベカ) +2分58秒
10 アミール・コラドザグ (イラン、タブリーズ・ペトロケミカル チーム)

25 新城幸也 (チーム ヨーロッパカー) +11分09秒
39 伊藤雅和 (愛三工業レーシングチーム) +16分16秒
45 中島康晴 (愛三工業レーシングチーム) +18分34秒
59 西谷泰治 (愛三工業レーシングチーム) +26分18秒
69 福島晋一 (チームNIPPO・デローザ) +35分57秒
81 佐野淳哉 (ヴィーニファンティーニ・セッレイタリア) +40分03秒
82 石橋学 (チームNIPPO・デローザ) +40分09秒
104 福田真平 (愛三工業レーシングチーム) +49分20秒
107 盛一大 (愛三工業レーシングチーム)
115 徳田鍛造 (チームNIPPO・デローザ) +1時間1分10秒

ポイント賞
アンドレア・グアルディーニ (イタリア、アスタナ プロチーム)

山岳賞
ワン・メイエン (中国、ハンシャンサイクリングチーム)

アジア・ライダー総合成績
ワン・メイエン (中国、ハンシャンサイクリングチーム)

チーム総合成績
MTNキュベカ

 

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

シクロチャンネル ツール・ド・ランカウイ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載