【Teamユキヤ通信】ジロ・デッラ・トスカーナ新城幸也はイタリア・ワンデー3連戦初日で52位 終盤集団けん引も「今日はちょっと不発」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 バーレーン・マクラーレンの新城幸也が9月16日、イタリア・トスカーナ州で行われたUCI1クラスのワンデーレース「ジロ・デッラ・トスカーナ」に出場し、トップと同タイムの52位で完走した。

マスク姿でスタートを待つ新城幸也 Photo: Cor Vos

 大会はピサの斜塔が有名なピサ県郊外の町、ポンテデーラで開催。92回の歴史があるトスカーナ伝統のレースで、標高636m・平均勾配8%のモンテ・セッラを3回通過する周回が設定される、182.9kmのコースで行われた。

 バーレーン・マクラーレンは、エンリーコ・バッタリーン(イタリア)をレースリーダーに立て、スプリントを狙う作戦。新城はレースの様子を次のように語った。

 「2週間ぶりのレースでどうなるか、ワクワクしてた。バッタリーンがチームリーダーでスプリントの可能性が大きいが、集団が割れる事もある。と言うことで、どちらでも対応できるように走ろうと思っていた。逃げのメンバーが強くてそれを追いかけるために、集団はどんどん加速していった。自分の調子は疲れがまだ残っているのか、フレッシュな脚が足りなかったかな。集団から遅れないが、自分からアタックするなど動くことができなかった」

 新城はレース終盤、逃げていた先頭集団を吸収するため、メイン集団の先頭で風を受け、強力にけん引して逃げを吸収する仕事を担った。作戦通り集団ゴールスプリントには持ち込んだものの、バッタリーンはゴール前の位置取りができず17位に終わった。

 「残り15kmに15人ほどを逃がしてしまい、3チームで必死になって追いかけたが、エンジンかかるのが遅い日だった。今日はちょっと不発だったが、明日は良くなっているでしょう」

 新城は翌17日に、同じピサ県で開催されるプロシリーズ「コッパ・サバティーニ」に出場する。日本からも午後9時よりYouTubeでライブ配信を視聴することが可能だ(イタリア語実況のみ)。

この記事のタグ

Team ユキヤ通信 ロードレース 新城幸也

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載