大会・イベント情報2020「稲城クロス」が10月11日に開催決定 キッズや初級者、中級者向けのシクロクロス普及大会

  • 一覧

 東京・稲城市の多摩川河川敷をステージとするシクロクロスレース「稲城クロス」が10月11日(日)に開催される。新型コロナウイルス感染症の影響を鑑みて、レースの実施に特化して“無観客”とするなど、感染症対策を講じての開催となる。参加申込受付中で締切は9月30日

東京・稲城市の多摩川河川敷で「稲城クロス」が開催(稲城クロス実行委員会提供)

 稲城クロスは、シクロクロスの普及大会と位置付け、キッズから初心者、中級者カテゴリーまでを中心としたレーススケジュールとなっている。MTB(マウンテンバイク)とグラベルバイクのカテゴリーも実施する。

 コースは河川敷を利用した平坦基調のスピードコースを設定。国内シクロクロス競技団体AJOCC(日本シクロクロス競技主催者協会)に加入する大会で、全国共通のカテゴリーを採用する。

キッズのレースも3カテゴリーで実施(稲城クロス実行委員会提供)

 感染症対策として、参加者には前日の健康チェックが義務となる。厚生労働省のアプリ「COCOA」の登録や、参加者以外の応援を控えることと、レース時間以外のマスク着用、レース終了後すみやかな帰宅を要請している。レース中や試走中にはアイウェアの装着を推奨。また受付を簡略化するため、ゼッケンは事前の郵送となる。試走は大会前日の11日(土)、午後2時〜5時にコースの試走が可能となっている。

 大会期間中は、協賛メーカーの出展も実施。チャンピオンシステムジャパンは、青空オーダー相談会と限定アウトレットウェアの販売を実施予定。さらに同社が手掛けるカフェ「クロスコーヒー」もあわせて出店し、コーヒーや軽食の販売を予定している。キャニオンジャパンはバイクの展示と試乗会を、井上ゴム工業(IRC)はタイヤの展示をする予定だ。

 また、遠方より参加するシクロクロッサ—向けに、会場近くのJR矢野口駅ほぼ直結のステーションホテルChaboが、稲城クロスのために特別宿泊プランと、日帰りシャワープランを用意している。

第5回稲城クロス

■開催日:2020年10月11日(日)
 ※前日 14:00〜17:00 が試走時間となります
■会場:稲城北緑地公園 河川敷特設コース
■実施カテゴリー・参加費
 ・C4, C3, CM3, CM2, Canyon Gravel/MTB:3,500円
 ・CL3, CL2:2,500円
 ・CK3, CK2, CK1, 超初心者:1,500円
■主催:稲城クロス実行委員会
■構成:Champion System Japan、稲城市観光協会
■協力:公益財団法人いなぎグリーンウェルネス財団、稲城市商工会
■後援:稲城市、稲城市教育委員会
■協賛:Champion System Japan、井上ゴム工業、Canyon Japan

この記事のタグ

シクロクロス 大会・イベント情報

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載