バイクインプレッション2020マイルド速い超ミドルクラス キャノンデール「スーパーシックスエヴォ」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 2020年モデルとして登場したキャノンデール「スーパーシックスエヴォ」は、持ち前の軽量さに加え、優れたエアロ効果も身に着けたオールラウンダーだ。今回のバイクインプレッションでは、カーボン素材をダウングレードした“ノーマルモッド”を試した。

キャノンデール「スーパーシックスエヴォ」 Photo: Masami SATOU

 山岳系に強い超軽量バイクの印象が強いスーパーシックスエヴォだったが、モデルチェンジを機にガラリとスタイルを変えた。ダウンチューブやシートチューブなどには空気抵抗を削減しつつ、剛性バランスを両立させるカムテール構造を導入している。さらに、リア三角は小さく構えることで、シートステーがシートチューブを押し、あえてしならせる方向にデザイン。SAVEシートポストとの相乗効果で、高いコンフォート性能を実現している。

車名やブランドロゴはよりシンプルに Photo: Masami SATOU
コックピット周りはエアロと振動吸収性、整備性のすべてを両立 Photo: Masami SATOU
チューブの各部にカムテールデザインを採用 Photo: Masami SATOU

 一見すると一体式のコックピット周りだが、ハンドルとステムの接続部はすり鉢状になっており、角度の調整が可能に。コラムスペーサーはワイヤー類を抜くことなく脱着ができる構造でユーザビリティが考慮されている。今回試したバイクは機械式の変速だったため、アウターワイヤーが露出しているが、Di2など電動変速であれば完全な内装も可能だ。

ハイモッドに迫る推進力

 ハイエンドモデルは「ハイモッド」と称され、より軽く、より剛性に優れたカーボン素材が使用されている。一方、今回試したモデルは、フレーム形状は同様だがダウングレードしたモデル。その違いはペダルを踏みこんだ瞬間から感じ取ることができた。

 まず、脚当たりが非常にマイルド。ハイモッドはパリッと乾いた瞬発力を発揮したが、ノーマルモッドはゴムの床を走るようなウェットな反応をみせた。しかし、ネガティブさは全く感じない。推進力はハイエンドモデルとほぼ変わらないのではないかと思うほどググーっと伸びていく。これが不思議な感覚で、どんどんペダルを踏みこみたくなってくる。そして、実際に速い。

マイルドなのに速い!相反する性能を両立させたオールラウンダー Photo: Masami SATOU

 恐らくはハンドリングを含めたスタビリティ、振動吸収性、適切な剛性が織りなす優れたバランスが生み出す乗り味なのだろう。ハイスピードからのスプリントや、ハイレベルな山岳レースなど、乗り手が100%の脚力を発揮しなければならないシチュエーションであればハイモッドに軍配が上がるだろう。しかし、レースもトレーニングも走る時間の大部分は100%のパワーはかけていないはず。常用する帯域で気持ちよく走りたいのであればノーマルモッドでも良い。むしろ個人的にはこちらを選びたいと思ったほど。

 コンフォート性能が格段に良いので、のんびりとしたサイクリングやツーリングにも最適だ。賛否はあるがシンプルになった車体グラフィックの恩恵もあり、流行の落ち着いたデザインのウェアもあわせやすいだろう。脚のレベルや走りのスタイル、遊び方を問わない真のオールラウンダーと称すべき1台であった。

■キャノンデール「スーパーシックスエヴォ」

税込価格:451,000円
メインコンポーネント:シマノ アルテグラ
サイズ:44、48、51、54、56、58、60

松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

この記事のタグ

キャノンデール バイクインプレッション

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載