新製品情報2020ボントレガー史上最軽量のディスクカーボンチューブラーホイールが登場 37mmの新形状リム

  • 一覧

 トレックのアクセサリーブランドのボントレガーから、ブランド史上最軽量のディスクロードホイール「Bontrager Aeolus RSL 37 Tubular Disc」(ボントレガー アイオロス RSL 37 チューブラー ディスク)が発売された。UCIワールドチーム、トレック・セガフレードの選手がほとんど全てのレースで選択するという、オールラウンドな実戦ホイールだ。

ボントレガー史上最軽量のディスクブレーキ対応ロードホイール「Bontrager Aeolus RSL 37 Tubular Disc」が登場 © TREK

 アイオロス RSL 37 チューブラー ディスクは、前後で1250gという圧倒的な軽量性を誇るチューブラーホイール。多くの競合ホイールがクリンチャーあるいはチューブレスのみの展開だが、ロードレースの現場では今なおチューブラーホイールが好んで使われていることから、チューブラー仕様もラインナップされた。

 リムは高さ37mmの新形状を採用。これはリムハイト47mmのアイオロス XXX 4に迫るエアロ性能を有している。軽くて強度に優れたOCLV RSL カーボン素材が、より速く安定性に優れたリム形状を可能にした。

OCLV RSL カーボン素材を使用し、37mmハイトの新形状リムにより、軽量かつエアロなオールラウンド性能を発揮する © TREK
DT Swiss 240の内部機構とRatchet EXP フリーハブを備えた超軽量ハブ © TREK

 リム形状はシクロクロスやワンデーレース用の太めのタイヤもしっかりと支えるよう最適化。さらに、DT Swiss 240の内部機構とRatchet EXP フリーハブを備えた超軽量ハブが、最高の速さ、走りの質、パフォーマンスを発揮する。

 全てのボントレガーのカーボンホイールは、最初の購入者を生涯保証で守り、カーボンケアのさらなる保証も付いている。カーボンケアは最初の購入から2年以内、ライド中に思いもよらず壊してしまった場合に、無償でホイールの修理・交換を受けることができる。

■Bontrager Aeolus RSL 37 Tubular Disc

税抜価格:294,500円
重量:フロント570g、リア680g

この記事のタグ

トレック ホイール ボントレガー 新製品情報

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載