オンデマンドでも視聴可能UCIロード世界選手権男子エリートがSPEEDチャンネルで独占生放送

  • 一覧

 9月27日に開催されるUCI(国際自転車競技連合)ロード世界選手権のロードレース男子エリートが、競輪専門チャンネル「SPEEDチャンネル」で独占生放送される。スカパー!などの放送サービスから、またはスマホやタブレットからでも視聴が可能だ。

9/27のUCIロード世界選手権男子エリートの生放送が決定 ©SPEEDチャンネル ©Yuzuru SUNADA

 UCIロード世界選手権は当初、9月20日から27日まで、スイスのエグル・マルティニーで開催される予定だったが、スイス政府がコロナウイルス感染対策で1000人以上のイベントの開催を禁止したため、大会の開催判断を一時見送っていた。しかし9月2日、イタリア・イモラへの開催地変更が発表。男女ともにエリートカテゴリーのみ、9月24日から27日の日程で4種目が同地で実施される。

 生放送が決定した男子エリートのロードレースでは、世界一の選手を決めるにふさわしい距離259km、合計5000mを上る過酷なコースレイアウトが用意されている。競輪評論家の内林久徳、競輪選手として活躍するだけでなく、東京オリンピック自転車トラック競技日本代表内定選手の橋本英也(チーム ブリヂストンサイクリング)の2人がアルカンシエルをめぐる熾烈な戦いを解説する。

UCI世界選手権ロードは税込1320円から視聴可能 ©SPEEDチャンネル

 視聴方法は大きく分けて2通り。スカパー!やジェイコムなどの放送サービスへ加入し、SPEEDチャンネルに登録してテレビで視聴する方法と、スマホやPC、タブレット端末でオンデマンド視聴する方法が用意されている。SPEEDチャンネルの視聴料は月額1320円(税込)で、テレビで視聴する場合には放送サービスの基本料が別途必要となる。

(提供:車両スポーツ映像)

この記事のタグ

UCIロード世界選手権2020

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載