新製品情報2020トレックから新型サドル、ボントレガー「バース」と「フルード」が登場

  • 一覧

 トレックのアクセサリーブランド、ボントレガーから、新型のサドルが2種類登場した。ロード、マウンテン、グラベル、シクロクロスなど幅広く使えるパフォーマンスサドル「Verse」(バース)と、クロスバイクやe-BIKEに気軽に乗る人のための快適サドル「Fluid」(フルード)が新たにラインナップ。快適なサイクリングをサポートする。

ボントレガーの新型サドル「Verse Elite Bike Saddle」 © TREK

新型汎用サドルはスピードと快適性を両立

 「バース」サドルは、ボントレガーの中で最も多用途なサドルとして登場。シーンを選ばず使える、前傾姿勢でバイクに乗るライダーの体を支えるパフォーマンスサドルだ。

 フルカットアウトデザインを採用することで軟組織への圧迫を軽減。男女両方のアスリートでテストを行い、究極の快適性とパフォーマンスを実証した。長めのサドルレールにより調整幅を広げ、また4種類のサドル幅を用意することで、男女すべてのライダーにフィットするユニセックス設計となっている。サドル後方には、ボントレガーFlareリアライト用マウント(別売)が装着可能だ。

軽量で戦闘力を高めた「Verse Pro Bike Saddle」。サドル後部にはリアライトのマウントが取付け可能 © TREK

 サドルレールの素材、および座面の硬さによって、プロ、エリート、コンプの3グレードを用意する。「バース プロ」はカーボンレールと、超軽量カーボンファイバー強化シェルを採用。ベテランライダー向けに重量を抑えた座面設計となる。「バース エリート」はレール素材はオーステナイトで、座面には快適性を高めるフォームパッドを追加している。「バース コンプ」はスチールレールで、こちらもフォームパッドを追加した快適仕様となる。

■Verse Pro

税抜価格:22,400円
サイズ(幅):135mm、145mm、155mm、165mm
重量:184g(135mm)

■Verse Elite

税抜価格:13,600円
サイズ(幅):135mm、145mm、155mm、165mm
重量:234g(135mm)

■Verse Comp

税抜価格:8,300円
サイズ(幅):135mm、145mm、155mm、165mm
重量:304g(135mm)

サイクリングショーツを使わなくても快適に

 「フルード」サドルは、まったく新しいFluid Motion(フルードモーション)テクノロジーを搭載したモデル。クロスバイクやe-BIKEに気軽に乗るような、シャモア(パッド)付きのショーツをはかないサイクリストをターゲットにしている。

サドルの体重が乗る部分に、自由に動くフルード素材を使用し、圧迫の集中を防いでいる © TREK

 従来のスポーツバイク用サドルでは体重が乗った際に臀部に痛みが出ることがあったが、フルードサドルではフルード素材がペダリングの動きに沿って自由に動き、一般的なゲル素材を用いたコンフォートサドルよりも圧迫を減らして快適さを高める。同テクノロジーはボントレガーが特許を取得。実験では平均して最大圧力が20%以上低下し、ストレスを大きく低下させることに成功している。

フィットネスポジション向けの「Commuter Fluid Saddle」 © TREK
立ち気味のコンフォートポジション向け「Boulevard Fluid Saddle」 © TREK

 フィットネスポジション向けの「コミューター」と、より体重をサドルに乗せたコンフォートポジション向けの「ブルーバード」の2種類を用意する。サドル幅はともに2種類。また、ボントレガーのFlareリアライトを一体化できるマウントが付属する。

■Commuter Fluid Saddle

税抜価格:7,900円
サイズ(幅):165mm、185mm

■Boulevard Fluid Saddle

税抜価格:8,900円
サイズ(幅):205mm、225mm

この記事のタグ

サドル トレック ボントレガー 新製品情報

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載