バイクインプレッション2020ジオス「ミストラル ディスク ハイドロリック」 油圧ディスク搭載の高コスパモデル

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 クロスバイクにも油圧ディスクブレーキを装着するモデルが増えてきている。ジオスの「ミストラル ディスク ハイドロリック」もその1台。コストパフォーマンスに優れたイタリアンクロスバイクを実走して試した。

ジオス「ミストラル ディスク ハイドロリック」 Photo: Masami SATOU

ホイールはシマノとアレックスから選択可能

 マウンテンバイクよりも細身のタイヤを有し、ロードバイクよりも価格が抑えられたクロスバイクは、通勤・通学やサイクリングに最適で人気を博している。これまでは、リムを挟んで制動するVブレーキが主流であったが、より軽いブレーキタッチで制動力に優れた油圧ディスクブレーキを搭載したモデルが徐々に増え始めている。

立体的なヘッドバッヂが光る Photo: Masami SATOU
フェンダーやキャリア用のダボ穴を装備 Photo: Masami SATOU
ディスクブレーキは軽いタッチが特徴の油圧式 Photo: Masami SATOU

 ジオスのミストラルはリムブレーキタイプ、機械式のディスクブレーキタイプもラインナップしており、今回試した油圧ディスクブレーキモデルはハイエンドにあたる。フレームは細身のアルミチューブを採用し、フロントにはリジッドのクロモリフォークが装着される。フロント3段×リア8段のオーソドックスで間違いのないギヤ構成に。ホイールはアレックス製(車体価格:5万9000円)とシマノ製(車体価格:6万6000円)で選択が可能だ。

毎日乗りたいヘビーユーザーに最適

 実走すると軽快で扱いやすさが目立った。やや初速が重いという印象だったが、速度が上がると安定性が増していく。20km/hほどで気持ちよく巡航ができた。油圧ディスクブレーキとの相性もいい。指一本で確実に制動力を発揮するし、繊細なコントロールも可能だった。雨でも乗る機会が訪れる通勤や通学時に、乗り手の負担を軽減してくれるのは間違いない。

油圧ディスクブレーキとクロスバイクの相性の良さを確認できた1台 Photo: Masami SATOU

 シートステーやフォークには、泥除けフェンダーやキャリア用のダボ穴が設けられており、拡張性が高い点も良い。デザインを最優先したいイタリアンバイクとはいえ、クロスバイクは実用的に使い倒してなんぼのもの。コンポーネントはシマノで統一されているし、細身ながらガッチリとしたフレームから受ける車体の印象は堅牢そのものだ。乗る頻度が高いユーザーにこそ試してもらいたい1台である。

■ジオス「ミストラル ディスク ハイドロリック」

税抜価格:66,000円(シマノホイールver.)
サイズ:43、48、52
カラー:ジオスブルー、ブラック
重量:11.6kg

松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

この記事のタグ

クロスバイク ジオス バイクインプレッション

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載