新製品情報2020注目グラベルロードなど、リドレーの2021年モデルが発表 ミズタニ自転車が取り扱い開始

  • 一覧

 ベルギーの老舗バイクブランドのリドレーが2021年モデルを発表した。これまでの取り扱い代理店はジェイピースポーツだったが、ミズタニ自転車へと変更。次期モデルはグラベルロードの「カンゾー・ファスト」など豊富なラインナップが取りそろえられている。

グラベルロードバイク「カンゾー ファスト」 Photo: Shusaku MATSUO

充実のグラベル向けラインナップ

 “最速のエアログラベルレーサー”と銘打って登場したカンゾー ファストは、そのコンセプト通りに各所にエアロデザインを取り入れたモデルとなっている。ヘッドチューブとフォークの接続部分はインテグレーテッド構造でスムーズなラインを実現し、シートチューブやダウンチューブにはカムテールデザインを採用している。

細く仕上げられたシートステーは、シートチューブの低い地に接続し、低重心化と振動吸収性を高めている Photo: Shusaku MATSUO
各所にカムテールデザインを取り入れ、エアロ性能を意識 Photo: Shusaku MATSUO

 グラベルロードでも快適に走れる設計となっており、より太いタイヤを装着するために、フロントギヤはシングル仕様に。シートステーとシートチューブの接続部は、振動吸収性を優先して低い位置での接続となっている。オフロードを60%、オンロードを40%走ることを想定しているという。フレーム重量はSサイズで941g、フォークは490g。グラベルレースから、オフロードを交えたツーリングまで幅広く活躍する1台だ。

ツーリングやグラベル走行、シクロクロスなどマルチに活躍する「カンゾー スピード」 Photo: Shusaku MATSUO

 カンゾーシリーズはこのほか、ツーリングからオフロード走行までマルチに走れる「カンゾー スピード」、650Bのタイヤを装備したマルチパーパス「カンゾー アドベンチャー」、アルミフレームのエントリーグラベルロード「カンゾーA」など、豊富なグラベル向けバイクをラインナップ。乗り手のライフスタイルに合わせて自由な使い方ができる車種を取りそろえている。

■リドレー「カンゾー ファスト」

税抜価格:330,000円(フレームセット)
サイズ:XS / S / M
フレーム重量:925g(XS)/ 941g(S)/ 1,190g(M)

■リドレー「カンゾー スピード」

税抜価格:350,000円(完成車)
サイズ:XXS / XS / S / M
フレーム重量:960g(XXS)/ 980g(XS)/ 1,010g(S)/ 1,040g(M)

石畳で鍛えられたエンデュランスレーサー

 ベルギーの険しい石畳で鍛えらえれたエンデュランスレーサー「フェニックスSLC Disc」も2021年モデルとして登場した。細身のリアエンドや、チェーンステーを長めにとった設計、湾曲したトップチューブを採用するなど、快適性を向上。コックピット周りは全てのワイヤーケーブル類が内蔵式になったF-Steererを用いて空気抵抗の削減が図られている。

エンデュランスレーサー「フェニックスSLC Disc」 Photo: Shusaku MATSUO

 ダウンチューブには伝統のダイヤモンドシェイプチューブで剛性を確保。細身となったストレート形状のフロントフォークだが、十分な硬さと強度を実現している。

極細で扁平なチェーンステーは振動吸収性を高める Photo: Shusaku MATSUO
ケーブル類を全て内装したコックピット周り Photo: Shusaku MATSUO

■リドレー「フェニックスSLC Disc」

税抜価格:280,000円
サイズ:XS / S / M
フレーム重量:980g(XS)/ 1,006g(S)/ 1,029g(M)

この記事のタグ

リドレー 新製品情報

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載